おでかけ」カテゴリーアーカイブ

 「チェコ・デザイン 100年の旅」を
京都国立近代美術館へ観に行って来ました

 2月中頃、あべのハルカス美術館であったカラヴァッジョ展でチラシを見つけ”行こう”と思っていた展覧会です。
 コロナですっかり忘れていたけれど、3月6日から5月10日の会期が2ヶ月、延長されていて行けました。

 そういえば、美術館の企画展で海外から借りてるモノは返すに返せない、とラジオで言っていましたけ…

 美術館に着くとチケット売場の前に、フェイスシールド装着した職員さんが、入場者ひとりひとりの手首で体温チェック。フェイスシールド、初めて間近で見ました。

 展示室に入ると解説が何ヵ国語もなされていて
 音声解説のマークもあって
 コロナ前を思う
準備を沢山沢山したに違いないのに
 海外の旅行者もおらず
 音声解説の装置はない
 今

   さらに言えばこの日、美術展を観に行くという行為もちょっと迷いました。
コロナ前に戻った訳ではないし、インプットはアウトプットの為にも大切だけど、不要不急といえば、そうです。外出していいものか、と。早く、ワクチンが開発されて普及するといいな。心のつかえなく、外出したいです。

 さて。肝心な展示

   最近の展示は凝った演出がされているものがあります。
最近観たのだと、カルティエ展。いやもう、圧巻でした。作品と展示の仕方の相乗効果で繰り広げられる異世界。
 チェコ・デザイン展もベニヤかしら?ちょっと説明が面倒なので(突然、投げる)とにかく板を使ったり、挨拶や各セクションの冒頭説明みたいなのが書いてあるでっかい紙を、上辺だけピーッとテープで止めて、下辺は止めずにちょっと紙をカールさせていて可愛らしかったり。 計算した雑さというか質素というかそんな風に感じた演出。ただ、最後のお部屋はなんというか”スカッ”としていて少々驚きました。

 展示物自体は、紙媒体から家具・アクセサリー・アニメーション・おもちゃまで楽しいものでした
   これは欲しい!と思った椅子
  なんか、前衛なブローチ
  モダンなポスター
  ガラスの花器はその影が非常に美しく
  電子回路のような文様が施された本
そういえば、お洋服はなかったような

 常設展ではポーランドの映画ポスター展もやっていて、こちらも非常に好きでした。イラストが本当にどれもこれも素敵で。ポーランドでも黒澤明は公開されているそうです。わたくし、恥ずかしながら黒沢作品は超有名作品すら、観ておりませんで。「7人の侍」を観たいのですが3時間27分。なかなか、です。

 特別展と常設展、両方観ると結構疲れます。ニュージアムカフェでランチを頂きました。季節の紅茶、を、なんの紅茶が聞かずに頼んだらバナナの紅茶。
 この季節、バナナ、なの?もはやバナナて1年中ある気がしてなんとなぁく、旬は夏かしら?でも、もったりした食感は、夏より冬に食べたいかな。ただ、凍らせたバナナは最高の夏のおやつよね、なんて思いながら飲みました。

 最後にお楽しみのミュージアムショップへ。
 東欧出身の画家の紹介本のようなモノがあり、ペラペラ〜とめくってみました。そのときとある絵を観て”あ!!!好きな人のだ!”となったのですが、名前を思い出せない。そういやこの人を知ったのは大学生のときでそのときもなかなか名前が覚えられず、というか、覚える気にさせてくれない名前に、幾度もトライしてやっと、覚えたのでした。そして、忘れている。ヴィッチが付いたよね、と思いながら名前をチェック。しました、確かに。そして、そうだったそうだった、と思ったのです。それが2日前。が、たった今、再び思い出せないでいるこの神秘。不甲斐なさ全開の記憶力。それがわたくし。
 さて、立ち上がって大学時代に買った小さな画集を取りに行くとしましょう。そして、ココに彼の名前を記しましょう。

 スタシス・エイドゥリゲヴィチウス

 まさかのヴィッチ付かず。いや、ヴィチがあるからセーフですね。苗字長すぎ、長すぎクンですよ。

 それでは、ミュージアムショップでのお買い物。
 今回の展覧会には何の関係もない絵葉書2枚と、チェコのおもちゃの写真をあしらったA5サイズのクリアファイル。
 A5サイズのクリアファイルはずっと、探していたのですよ。ただ。何で欲しかったのか思い出せません。思い出すことに期待して、購入。展覧会のお話だか、不甲斐ない記憶力ーー略してフガキーーの話だか、分かりませんね。




一昨日、ハガキを出しに行きました。
久しぶりに台湾バッグを引っ張り出して、プレミアム鼻&小鼻ぶらりん「丸 耳尾」をぶら下げます。それだけで、何だかウキウキ。単純に出来ていて良かったです、わたくし。

 玄関を出ると4車線道路を挟んだ、向かいの会社の駐車場の桜が咲いているのが目に入りました。確かその1日前、だったかしら?
「桜をまだ見ていません」とどこぞに書いた遠い記憶がありますが、こんな目の前にあったよ、そうだ、あったよ。製作の間の出窓からも、見えますよ。思わず口元が緩みます。綺麗で。そして、ポストへ行きがてらのマンション敷地内公園にも桜の木が何本か。普段、反対側の道を歩くからすっかり、目に入っていませんでした。
 同じ道でも反対側を通るだけで、いいことがあるのだね。ウキウキは、そこかしこに転がっているのかな!

 そして、丸 耳尾と撮ったお花は桜ではなくユキヤナギ。フフフ

プレミアム鼻&小鼻ぶらりん「丸 耳尾」 特設サイトはこちら
4月15日まで。ネットショップのみの販売です。




 お花て、綺麗だなぁ
 お部屋の壁の絵をじっくり見たいなぁ
 みんな歌、上手いなぁ
エンドロール中の感想はそんな風でした

 トイレで泣いていたダニーが、女達の前で泣き叫ぶ。女達は合唱するように息を合わせて叫んでくれる。あの同調によってダニーは受け入れる体制が整ったように思います。両親と妹の死。クリスチャンとの別れ。コミュニティーで暮らしていくこと。

   老人2人が飛び降り自殺をしたときに、
「生命は巡るから、死んだら次の生命になる。」というようなコトを言われたダニーは、それなら両親と妹も次の命として生まれてくるんだ、と、安心するのかなぁ、と思ったのだけれど、そこまで早くはありませんでしたね。
 そしてミートパイ。
 身投げした2人の肉で作ったのだと思っていたので、クリスチャンが「ん?」て顔をしたとき、出るぞ〜〜、歯が、出るぞ〜〜、とある意味ワクワクしながら観ていたので、なんだ、陰毛か、と肩透かしを喰らいつつ、ホッとする気持ち。そして、タペストリーを思い出しながら、そうか、クリスチャンは赤毛と寝るのか、と、こちらは肩透かされない自信の予測。

 笑っちゃう場面もありました。1番は、腰を押すおばちゃん。何の補助よ。縄のれん仮面も良かったです。時々、お鼻がのれんからこんにちは、しそうになるのだけれど、お鼻が高い西洋人の骨格ならではなのでしょうか。いや、わたくしの平坦な顔だとまずおでこがせり出ていない分、鼻も唇ものれんからこんにちはするかも。むしろ。

 冒頭にも書きましたが、お部屋の壁に描いてある絵。あれらはじっくりゆっくり観たくてたまらないです。ベッドルームと、クリスチャンが寝る前に入る小さな部屋。思わず視線は釘付けでしたが、まあ見えない。遠くて。ちょっとイライラ。もしあのコミュニティーのセットがまだ残っていたら、ディズニーランドの入場料くらいの値段払っても観たいわ。ディズニーランドの入場料が幾らか知りませんが。行ったことないから。そういえば、ダニーの部屋に飾ってあった絵。あれは何の絵だったの?見ようとしても見ようとしても、何が描いてあるのか分からなくて、そもそも抽象画なのか具象画なのかも分からなくて、そういえば、ここでもちょっとイライラしました。

 上映が終わって会場が明るくなると、後ろに座っていた推定女子高生達が、
「ヤッバ」
「ほんまヤバイ」
「めっちゃヤバイ」
「これはヤバイ」
「ほんまヤバイ」
と、ヤバイのエンドレスで笑っちゃった。

 しかしてペレは、ダニーを連れて行くために彼女の家族を殺したのか?とも思いましたが純粋に、ダニーに新しい家族を与えることができる喜びを感じて信じて、連れて行ったように思います。男達はまあ、生贄と種植えオンリーでしょう。あぁでも、黄色い三角に死体が置かれるときのあの軽さには驚いたなぁ。変なお帽子被らされてさ。あんな道化帽子を被って燃やされたくないなぁ。熊に埋め込まれるのも笑えて、尚且つ辛い。ダニーはこのまま、コミュニティーで72歳まで穏やかに生きて行けば良いと思います。うーん、でも、外部の生贄は、ないにこしたことはないですね。今の犯罪検挙率を考えると、90年振りのこの外部生贄は発覚し、FBIとか来ちゃうから。知らんけど。




\只今、Instagram5%・10%OFFクーポンキャンペーン実施中/
\詳しくはこちらをご覧ください/

 戦争映画は苦手で普段は観ないのだけれど、パラサイトと争った映画だしな、とミーハー気分で観ました。
始終、緊張を強いられる映画でした。

   第1次世界大戦のコトなどわたくし、恥ずかしながら全く知りません。塹壕てあんなの、只の溝やないの。銃撃・爆撃の中を身1つで走って敵陣に向かうなんて。この時代の戦争の体当たり加減。というか、死しかない。よく走れるな。すくみます。
 そんな、原始的としか言いようのない戦争の中最後まで2人だと思い込んで観ていると、意外に早くブレイクが死。びっくりだよ。そしてブレイクの亡骸を、桜の園に連れて行くのだと思っていたらまさかの小屋脇とは。

 川に浮かぶシーンはわたくしのオリジナルプリント生地「水面」を思い出しつつ。
このワンピンチャクに使っている生地が「水面」
 桜が散る川の美しさの後に、大量の水死体。BGMなの?本物なの?本物でしたー、の歌声の美しさ。水死体を美しさでサンドイッチ。している間に朝じゃん!!!

 羅針盤であるブレイクなしで、わたくしなら確実に目的地に着けません。良くやった、スコフィールド。始まっていたけれど。

 で。

 ベネディクト・カンバーバッジです。ベネディクト・カンバーバッジという名前のリズム、つい口にしたくなるのです。おまけに顔も、面白い(誉め)。完璧、ベネディクト・カンバーバッジ。中々、ニンゲンの顔を覚えられないわたくしでも、ベネディクト・カンバーバッジの顔は覚えることが出来ていて、ベネディクト・カンバーバッジが振り向いた瞬間、
「わー!ベネディクト・カンバーバッジだぁ」と気持ち上がりました。
・・・気づいたのだけどベネディクト・カンバーバッジ。口にはしたいけれど、キーボードで打つのは少々面倒ですね。

 前線側ではない、塹壕の外には可憐な花
 ほんの今さっきまで人がいた形跡がある廃屋の側に牛
 死体うずまく前線とのコントラスト 
 すぐ、隣なのに

 あとそう、廃墟となった街がまるで舞台のように照明弾で照らされるさまを美しく感じる戸惑い
 あそこにいた赤児、どうなったのかなぁ

 疲れました。一緒に走って、疲れましたよ。




 徹頭徹尾、胸クソ悪い映画です。
不潔で悪臭漂いまくる。なぜ、ホンカはあの部屋で暮らせるのか。酒を、女に奢ろうとして見せる笑顔も、笑顔すら、不気味で汚らしく見えてしまいます。酒といえばホンカも殺される女達も酒量が
  無限
適量でなく飲むお酒てのは、破滅への液体なのだと教えられます。そうだ、ドロドロした重い液体を頭からずぅっと、かけられる続けているような時間でした、鑑賞中。

 瓶に入ったソーセージが出てくるのだけれど、映画に出てくる食べ物で、あんなに「食べたくないわぁぁぁ」と思ったのは初めてです。
    そしてココもまた社会の底辺。

 1人、勝てそうな女性がいたのだけどなぁ。女達の境遇はしかし、明日は我が身だと思えてなりません。
 観たコトに後悔はないけれど、観るんじゃなかったな、という1本でした。お勧めです。




ポスターを見たときは「絵があんまり好みじゃないなぁ」と思って観ないかも案件に入れていたのですが予告編を観て俄然、絶対観る案件に入りました。坂本さんの棒読み具合が素敵すぎて。映画になった背景も少し知るだに、観たいが大きく膨らむ、膨らむ。

 大好きな、映画になりました。

 フェスの演奏は涙を堪えました。今、書きながら思い出しても泣けてくる。周りにお客さまがびっしりだった(20代女性が多いような印象。意外)から、我慢したけれどいなければ号泣していたかもしれません。それは、森田くんが感じた衝動のせいだと思います。

 ほとばしる
 どうしようもない

 わたくしは、ほとばしれているか。突きつけられた映画。
「オレ、今すごく気持ち良かったんだけど」
「オレも」
「オレも」
それだよ!

 ところで亜矢ちゃん、早く帰って何していたのかなぁ?歌の練習かなぁ?
亜矢ちゃんの、山田くんのお母さんみたいな髪型が、今はない。いや、髪型でいえば皆、今はない。
 絵を描いてから改めて、本物と見比べると、研二のアゴのらいんがシャープ過ぎましたね。おヒゲの位置が違うけれど山内圭哉っぽい?

 研二目当てで行った映画だけれど、森田くんの、変容していく音楽がどれも良かったのです。ロックな「君の横顔」の、PVのように疾走する研二。リコーダー吹きながら、しかも、名手。なんであんなリコーダー上手いかね。そして最後の叫び。ココは凄く恥ずかしくなってしまったのだけれどそれは、放尿とか脱糞とかを行なっている瞬間を見ているような気持ちになったからだと思う。そしてそこにまさかの。恥ずかしい気持ちになったのも何となく、納得です。
 最後、恋愛物になっちゃったのが少々残念だったけど、ウキウキしている研二が可愛かったから仕方ない、許します。直ぐに飽きてはいけませんよ。

 ただ研二よ。ワニは最後まで、飼いなさい。




 いや、驚きました。
エスカレーターやエレベーターで、びっとりくっついているカップルは見たことあれど、歩きながら手ブラしているカップルは前代未聞。

その格好で、結構真顔で喋っているお二人。

 何なのだろう?おかしいと思うわたくしがおかしいのか?と思わせる堂々たる姿。・・・そうか、
「何事も堂々とやれば案外、世間は推し黙るものだから亜理(わたくしの本名)、堂々と生きてゆけ」と神様が使わした天使ちゃんだったのかも。うん。うん?




フレンチトーストを頼んだら
メープルシロップたぷたぷ

パンも卵液が中までしとしと

パン、卵液とメープルシロップで溺れてますよ

 家でもこれだけの代物作りたい!
帝国ホテルだかどこだかのレシピで、卵液にパンを一晩浸けておく、とあったので従ったのですが、一晩浸けてもこうはなりませんでした。
instagramで一足先にこのお話をアップしたら
「卵液の牛乳を温めるとしみやすいかも」というプロからのアドバイスが。
次回やってみなくちゃ。

 そんなフレンチトーストをそっと揃って眺めているのは
去年のだったかしら?
プレミアムヴァージョンの鼻ぶらりん「お雛様」
仲良き




お尻、です。
ジェニファー・ロペスの身体の見事さよ。
まさに、ゴージャス。

 デスティニーに
「あなたはゴージャス」と言うシーンがあったような気がしますが、何かの冗談としか思えない。
その、デスティニーが、なぁんか麻生祐未に見えて仕方がありません。懐かしい気持ちに。時代も1990年代だから、丁度良いかしら?
 皆大きなピアスしていて特に主役の2人はフープピアス必須、て感じ。わたくしも欲しくなりました。でも今月は、靴を買ったのでピアスは買いませんよ!

「男は女に騙されたと認めたがらない」という台詞があり、女は自分よりバカだと思っているのね。つまらないプライドで、大金取られても通報できないバカな男達。
 でも、そうやって騙したお金を孫から受け取るときおばあちゃん、全くの無邪気に受け取るのよね。こんな大金どうやって?とか全くなし。知らなければ、幸せだもの。

 しかし最後は捕まる女達。取引をするデスティニー。
ラモーナは裏切られた訳だけど、子供のためと言われ、心の底から許したのだと思います。だからデスティニー、大丈夫。後ろめたさは一生消えないでしょうけれどあなたはラモーナも失ってはいないから。

 にしても。
もっと、ダンスシーンが観たかった!
ジェニファー・ロペスのポールダンス、格好良かった。昔から、バーレスクダンスやポールダンスに憧れがあるわたくし。ポールダンスはとても筋力が追い付かないから出来ないけれどせめて、実際に観に行きたいです。




 数年前のヴァレンタインプレミアム小鼻ぶらりん「キューピッド」とお出かけ。
というか、針。
今日も順調に、痛かったです。

センセに、
「センセのヒト針で首が回るようになった話をアップしたら、ゴッドハンド!とか、たくさんのコメント付きましたよ~」とご報告したら全開の、ニヤリ そしてちょっと照れながら、
「ありがとう」
さらに
机の引出し開けて、
「今日はなんもあげるもんがないわぁ。お菓子整理したトコやぁ」て
意外なほど可愛く喜んでくれて。
わたくしもなんだかhappyになりました。
コメントくださったみんな、アリガト💕

 今日はいつもの子宮筋腫対応のほか冷え性に効く針を刺してもらいあと
よく頭痛がするのですがソコのツボを教えて貰いました。
 ソコ押すと、激痛。
その痛さで頭痛から気を反らす作戦では?!
と、思いました。
でもすぐ、耳から首がとてーも熱く。
「冷えてるんや」

冷えは、万病の元ですわよ