期間限定で通販初登場『ぶらがバ』と『ぶらがポ』

今年、2022年誕生した『ぶらがバ』と『ぶらがポ』が、通販に初登場致します。
12月2日(金)20:00から12月4日(日)23:59まで。どちらも5人ずつの合わせて10人。ついに役立つ存在になった彼らを、見てやってください。お買い物しなくても、楽しめるページにしてあります。なんだか時間、空いちゃったなぁ、てときにでも、ご訪問ください。
で、もしも、お気に召すものがいたら是非、一緒に暮らしてください。

只今、2日18時までプレオープン中です。

鼻ぶらりんがバッグになっちゃった
『ぶらがバ』はこちら

鼻ぶらりんがポーチになっちゃった
『ぶらがポ』はこちら




[術後2日目] 点滴コロリンが常ではなくなった

痛み止めを飲んでも尚⁡お腹痛し⁡。痛み止めは、6時間経過すると飲めるだけれど、就寝中でも目が覚めて、とにかく6時間毎に飲んでいました。退院まで。

⁡  お腹減って「ご飯だーっ!」と喜んでも食べ出すと⁡、腹痛と軽い吐き気であまり食べられません⁡。腰も痛い感じ⁡。裏側だもんね⁡。ただ⁡、食べると途端に体温が上昇するのが分かるのです⁡。汗ばみ、パジャマに羽織っているパーカーを脱ぐくらい⁡。エネルギーになってるぅ⁡。

⁡  そこへ⁡カレーの匂いが漂ってきました⁡。
幻匂(正しくは”幻臭”と書くようですが、なんか臭そうだからこちらの漢字で表記します)だろうか?⁡と思いましたがどうやら⁡、休憩室のレンジでどなたかが温めたようです⁡
⁡「食べたいなぁ」⁡
あんまり食べられない、とご飯を終えた後にも関わらず⁡そう思いました⁡。恐るべしカレー臭(あぁ、臭そうだが良い香り)⁡

⁡  カレーの匂いを遠くに感じながら、ペロリとパジャマをめくってお腹を見ます。傷口は、ワッフルみたいなフワフワした白い格子状の緩衝材に隠されはっきりは見えません⁡。しかし、お臍の上からお臍を避けて⁡、お腹の大分下まで切られているのが分かります⁡。格子の間から⁡。

⁡ まるでフック船長の左腕のようです⁡。
先っちょが欠けているけれど⁡。
⁡ お腹開けられたとこ、見たかったな⁡。癒着剥がしているとこも縫ってるとこも⁡、見たかったな⁡。なんか、次元は全く違うのだけれど⁡わたくしの仕事と微かに⁡、ほんの微かに通じるものを⁡、感じちゃう⁡。先生に言ったら⁡
「いや、一緒にしないでください」て言われることでしょうけれど⁡

 この日⁡
栄養を送る腕の点滴が外されました⁡。抗生物質を送る点滴は1日2回1時間ずつ⁡しなければなりませんが⁡、点滴コロリンを連れずに歩ける時間がたっぷりあります⁡。
自由!⁡
⁡ まだ⁡歩くときは前屈みになるけれど出来るだけ⁡、背筋を伸ばすようにして歩きます⁡。蛍光イエローの⁡アミアミの袋に入った麻酔の空容器を持ちながら。
 この空容器、何かというと脊椎の麻酔⁡。そうあの、術前に丸まって背中に入れた麻酔です⁡。既に朝、麻酔のお薬は無くなったのだけれど⁡管が通ったままなので、空の容器は持って歩かねばなりません⁡。
結構ジャマ⁡

⁡ 「後で先生に取って貰うよう頼んでおきますね」と看護師さんが仰ってくださったのですが結局⁡、取って貰えたのはこの日の消灯時間が過ぎてからでした⁡。その頃には愛着が湧いていて、外すことにちょっと寂しさを、覚える。

⁡ 見知らぬ先生が取ってくださったのですが⁡
「手術、大変だったそうですね~」て、噂になってるの?!と驚く⁡。
「血も一杯出たそうで。」⁡
「あたし、寝てたから知らない…」⁡呑気なものです⁡

⁡ そうそう、朝⁡
「どうですか~」とやってきたTナカ先生(以下T)が⁡
「事前検査で心エコーやったじゃないですか」と仰いました⁡。
「はい」とわたくし(以下A)⁡。
T「心臓て、4つの部屋に分かれていて壁があるんですけれど」⁡
A「はい」存じています⁡。
T「そこに穴が空いてるみたいなんです。」⁡
A「・・・」無言だが”ほぉ“と思う⁡。
T「なので入院中に検査します。」⁡
A「はい。」⁡

⁡ そう言えば心エコーしたとき先生が⁡、グリグリしてモニター見ながら⁡
「うん?」とか⁡
「んん?」とか、言ってた!⁡それでか、と納得⁡。

⁡  しかしてその後、あれは退院前日だったかしら⁡。
T「そうだ、心臓の検査するて言ってたじゃないですか?あれ⁡、緊急性がないそうなので、また退院してからおいおいということです」⁡
A「はーい」⁡ということになりました⁡。
心臓に穴⁡。
よくあるコトなのかな?知らんけど⁡。




[術後1日目]手術終わって24時間しないうちに訪れる、歩くタイム

 朝が来ました⁡。
まだ頭はぼーっとしています⁡。看護師さんが、テレビ台の引き出しにある金庫の鍵を持って来てくれました。そこに手術前、お財布やスマホ等、貴重品をしまったのです。
「スマホ出しましょうか?」と仰ってくださったのですが、出して貰ったところでとても、いじる気になれません。なので、
「いいです。」と言って鍵だけ、受け取りました。

 そんな午前中。さらに看護師さんが仰います⁡。
「歩いてみましょうか~」⁡
手術翌日から歩くことは⁡入院計画表を見て知っていましたが、にしても早い⁡。
⁡「まず、お手洗いまで行ってみましょう」⁡
「はい」⁡
お手洗いは4人部屋を出た廊下にあります⁡。

⁡  ゆっくりベッドから立ち上がり⁡点滴コロリンを左手に持って1歩⁡踏み出してみます⁡。 右手はベッドの柵を掴みながらどうにか3歩⁡、歩きました⁡。
⁡が、もうね、ふらっふらです⁡。
「うーん、お手洗いまで行けたらおしっこの管を抜いて、後は自力で行かなくてはならないんだけど、、、無理ですね!」⁡様子を見守っていた看護師さんに言われ⁡
「無理、です」⁡と答えるわたくし。⁡お手洗いまで多分、10数歩だったと思います⁡。
遠い・・・⁡
⁡ そして再びベッドに身体を預けます⁡。リクライニングで長座姿勢⁡をとります。お腹と腰が⁡、耐えられない!て程ではありませんが痛い⁡。

⁡  そこへ主治医のTナカ先生が元気に登場⁡。
「上原さん、大変でした!」⁡
そして手術の様子を話してくださいました⁡。

⁡  筋腫と内臓の癒着が激しく⁡、当初予定していた3時間を経過しても完了できなくて急遽、⁡Tナカ先生もオペに入ってくださったそうです⁡。
(主治医が執刀医でなくなったお話 こちら⁡※別ウインドが開きます)

⁡ 「いやぁ上原さん⁡、よく頑張りました!」⁡
「ありがとうございます」と答えたもののわたくしは⁡寝てただけ⁡。

⁡ 「じゃ、沢山歩いてくださいね!」と仰るTナカ先生に⁡、無言で頷くわたくしでしたが心の中では⁡颯爽と去った先生の残像に、無理だすー、と呟いていました⁡。

 その後、お昼ご飯が出ました⁡。入院した日から初めてのご飯です⁡。⁡そういえば手術当日の朝⁡、手術室まで歩いたとき⁡、前日からの絶食で空腹のあまり⁡ちょっとふわふわしていました⁡。
⁡ わたくしファスティングを数回経験しているのですがそのときは⁡そんな感覚はなく⁡。あの、酵素ジュースてのはパワーあるのだなぁなんて⁡思ったものです⁡。それからまた1日以上経っているのだからもっと⁡、お腹が減っているはずなのですが⁡あんまり空腹は感じません⁡。

⁡  でも、食べなきゃ元気になれないし、と⁡箸を付けます⁡。メニューは⁡、お粥・にゅうめん・豆腐の野菜あんかけ・きゅうりの酢の物⁡。結構、ある⁡。お粥だけだと思っていたのでビビる⁡。結果⁡、お粥とにゅうめんはなんとか完食⁡。お豆腐と酢の物はほとんど食べられませんでした⁡。普段わたくしは⁡、ご飯粒よりおかず派なのですが⁡、炭水化物を食したほうがエネルギーに⁡なる気がして⁡。
⁡ 不思議だったのは⁡、わたくし酢が苦手にもかかわらず酢の物が⁡美味しく感じられたこと⁡。
 残念だったのは⁡、わたくしお麩が好きなのですが⁡にゅうめんに入っていたお花柄のお麩が⁡不味かったこと⁡。

⁡  食事が終わると⁡
「ではまた、歩いてみましょうかー」と、看護師さん登場⁡。まずはベッド横に立ってみます⁡。
おや?⁡
そこから1歩踏み出します⁡。
おお?!⁡
更に数歩⁡。
「歩けます」⁡
 午前中とは見違えるように歩けます⁡。点滴コロリンと共に⁡。
⁡ もちろん⁡、めっちゃゆっくり⁡。お腹を伸ばすと痛いので前屈みではありますが⁡それでもお手洗いまで歩ける⁡。びっくり⁡。ご飯のお陰でしょうか?⁡

⁡  ということで、オシッコの管を抜いて貰います⁡。抜くとき気持ち悪いというのを⁡事前に、お友達から聞いていて⁡、看護師さんもそう仰います⁡。
「息をふーーーって吐いてくださいね⁡。抜きますよ⁡ー?はい、ふーーーっ」⁡
「ふーーーっ」⁡
おおぅ⁡

⁡  おおぅ、とは思ったものの事前情報のお陰でわたくしの⁡、旺盛な想像力がもっと激しく⁡気色悪いのを想像していたのでまぁ、大丈夫でした⁡。
⁡「管を入れるときのほうが、もっと気持ち悪かったんじゃないですか?」と看護師さんに聞かれたのですが⁡、そのときはもう落ちていたので無感覚⁡。
⁡ 晴れて歩けるようになったので⁡、歯を磨き洗顔しスッキリしたのでありました⁡。
それから、金庫の鍵を開けてスマホを取り出しチェックしてみたら家族から、大量のメールが。病院からは手術終了後に電話が行っているのですが、そりゃ本人から連絡ないと心配ですよね。悪い悪い、と返信しました。

⁡  そうそう、夜ご飯には⁡カレイの塩焼きなんか出てきちゃって⁡。塩気が最高に、美味しかったよ⁡。




手術当日は、朝に苦行がまず、ありました

退院後はほぼ毎朝⁡1時間程お散歩しています⁡。『コバッグ』に⁡水筒・スマホ・ウェットティッシュを入れて⁡。 お散歩途中に会える地域猫のブルーベルベットちゃん(勝手に命名)がいるので⁡、続けられています⁡。 ⁡[手術当日]⁡
 わたくしいつも眠りは深いのですが知らず知らず緊張しているのか⁡何度か夜、目覚めました⁡。目覚めたとて、すぐにまた眠れる位の小さな高ぶり⁡。

⁡  手術は9時からなので8時15分だったか20分だったか忘れましたがとにかく⁡8時台から、麻酔などの処置が始まります⁡。その前に⁡排便を済ませておかねばなりません⁡。入院前夜と初日は寝る前に、処方された⁡下剤を飲みます⁡。しかし、手術の朝に排便がありませんでした⁡。ない場合は浣腸です⁡。
⁡ 浣腸かぁ…⁡
わたくしの、うっすい記憶では小学生のとき1度して以来の浣腸⁡です。ま、久々の体験もいっか!⁡と思っていたのですが甘かった⁡。

⁡  看護師さんが浣腸をしてくれて⁡
「お薬だけ出ちゃうから、10分は我慢してくださいね」と笑顔で言われたのですがもう、された直後から便意との戦いが始まります。使い古された言葉ではありますが、絶対に負けられない試合がそこにはありました。
⁡3歩ずつ左右に歩きながら何とか⁡、気を逸らせようとするものの⁡
耐え難い時間⁡
過ぎない時間⁡
スマホのタイマーが2分を切ったとき”もう、無理”と早足で、しかも動きを抑えまくってトイレに⁡。多分、動く歩道のパントマイムみたいだったと思います。
スーーーッ

⁡  そうして無事、排便を終え暫くしたら⁡、看護師さんがお迎えに来てくださいました⁡。2人並んで手術室まで歩きます⁡。
「お部屋に入ったら、何の手術をするのか聞かれます。そしたら子宮摘出です、と答えてくださいね。」と言われました。前日に渡された用紙に書いてあった手術の正式名称『腹式単純子宮全摘術+両側卵管卵巣切除』。間にプラスまである、長ったらしいのが名前を言ってくださいと、言われなくて良かった。無理ですと、手術を諦めるところでした。

 手術室はアリの巣のように1つの入り口の中に沢山お部屋があるようなしつらえです。その、大元の入り口のところで小学生2年生くらいの男児がお母さんの足に抱きついて立っていました。周りに立ちただじっと、見守る看護師さんとお医者さん。
「男の子が、 泣いてる。」思わず声に出てしまいました。隣を歩く看護師さんが、何とも言いようのない相槌を打ちます。
「おばちゃんも、これから手術なの。一緒に行こ?」と、声をかけたくなるのを抑えます。見知らぬおばちゃんにいきなり声かけられたら、余計怖いわ。しかしその心の声が聞こえたかのように、我々に続いて男児は手術の巣の中へ入ってきました。男児の執刀医がニコニコと、彼を迎えます。さらにその奥に、わたくしの部屋がありました。

 まずは脊椎に麻酔をするそうです。
7年前も全身麻酔をしたけれどそのときは、脊椎麻酔はしなかったはず。なんならこの麻酔が手術そのものより怖かったわたくし。だって、超痛そうじゃん。
 ベッドに横になり、左側を下にして丸まるように指示を受けます。そうすると浮き出る背骨のとこに、なんかする、みたい。しかしわたくし、肩甲骨や背骨が見事に埋まっているのですよ。麻酔の先生が、
「もっと丸くなれますかー?」と仰るので限界まで丸くなります。そして、なんか、入って、来る、背中に。痛くはないのだけれど、どんどん管を挿入しているのか、圧迫される感じが気持ち悪い。
「う〜」と、わたくし。
「痛い?」わたくしの丸まりをホールドしている看護師さんが心配して聞いてくれます。
「痛くはないけれど、圧迫。」などと言っているうちに終わったようで再び、天井を見て寝転びます。
 そこへ、わたくしに向かって何か言いながら視界に入ってきたヒトが。どうやら、執刀医です。そう、昨日突如、主治医Tナカ先生から、執刀チェンジを告げられたTコロ先生のようです。昨日、多分1分程しかお顔見ていないから(なのに、股の奥を見られた。1分以上。そして今日、腹の中を見られる。)覚えていないけれど、きっとそう。
「よろしくお願いします。」とか言い、あと何かしたというかされたと思うのだけれど、もうここから覚えていません。7年前は腕に麻酔の針を刺して、
「声に出して数を数えてくださーい。」と言われて数えたと、記憶しているのだけれど今回は、少なくとも数は数えませんでした。

 そして、起こされる。
「上原さーん、終わりましたよー。」その瞬間、脳内に流れる
♪にゃー にゃららら〜ん
という音楽。きっかり前奏からの、ザ・リーサルウエポンズの『シューティングスターレディオ』 feat.宇多丸、スーパー・ササダンゴ・マシン
「ありがとうございます」と言いながら、お、ノリノリだな。これは大丈夫だな、と感じました。
でまた気付くと病室に運ばれたところ。ベッドを押す看護師さんが
「あ、可愛いポーチがあるー。」と仰ったこと、覚えています。そこから看護師さんが甲斐甲斐しくお世話をしてくださります。
「大丈夫ですかー?」とか聞いてくれるのだけれど、喉の麻酔の管をとったばかりで声が出ません。痛いし。そして、歯がガチガチ、言う。寒い感覚はないのだけれど、 身体に力が入ってしまい、歯のガチガチが止まりません。出ない声でそれを、看護師さんに伝えます。
「電気毛布しますね。」と用意してくれたら、暖かくて気持ち良い。やはり寒いようでした。で、歯をガチガチ言わせていると、お口のマスク(酸素マスク?)の緑色の紐が凄い高速でピヨピヨピヨピヨと上下するのです。
(うわー、めっちゃ震えてる〜)と、冷静に観察する自分もいたり。

 前回の全身麻酔では、吐き気に襲われました。わたくし吐くのがとっても苦手。お酒を飲みすぎて気持ち悪くなったときでも、必死で吐くのを我慢します。するとね、知ってます?下から出るのですよ。しかし麻酔の吐き気は我慢できず、ちょっとだけ、前回は吐いちゃった。今回は、吐き気はほんとに軽くあっただけで、ただ、震えて眠っていました。

 ふと、何時だろう?と、持ってきた、表示の大きなデジタル時計を見ます。これは、入院前の説明で看護師さんが 「表示の大きな時計を持ってくると良いですよ。スマホの操作もできないので。」とのアドバイスに従ったのです。が、ベッド横のテレビ台に置いた時計を見やると、丁度「時」の数字の部分にベッドの柵が被さって、見えない。何時45分なんだよ〜〜〜、暗いけど〜〜〜。ちょっと頭の位置を動かせば見えるのだろうけれど、それすら億劫。

  けれど数時間おきに寝返りを打たねばならないようで朝まで、看護師さんが何度も寝返りのお手伝いをしにいらして背中にまくらを当ててくれて。血圧とか測ってくれて。頭が痛い、と出ない声で訴えたらアイスノン持って来てくれて。そうしていつしか、朝を迎えました。この日から、歩くのです。マジで?




入院1日目

 この日は朝から絶食。実は、昼12時以降絶食で良かったのに、聞き忘れていて勝手に朝から絶食。10時半に入院しました。出張と同じような荷物を解きながら、各種検査をこなしていきます。

 血圧・血液検査・口腔外科・麻酔科・心エコー・レンドゲン・内診

 心エコーが、ゼリー塗って棒みたいなので心臓の辺りをグリグリグリグリする検査なのですが、これが痛いやらくすぐったいやら。とにかく早く、終わってくれー、と笑いを堪えながら願っていました。

 内診の前に主治医のTなか先生が、
「上原さん、実はねぇ・・・」と現れました。
「何ですか?」
「ちょっと、外で話しましょう。」思わせぶりやなぁ。4人部屋から出て廊下で話すわたくし達。
「実は、明日僕、上原さんの手術担当出来なくなって。」と、Tなか先生(以下T)。
「はい・・・」と、わたくし(以下A).
T「緊急手術が入ってしまって。重症の。いや、上原さんも重症なんですけれどね。」
A「はい・・・」別に、重症自慢は要らない。そしてどうやら、その緊急手術の患者さんは、わたくしの隣のベッドのヒトだった模様。部屋を出たのはその為、ですね。
T「代わりにTころ先生が執刀します。」
A「はい・・・」誰。
T「この後、一緒に内診しますので。」
A「はい・・・分かりました。」

   この病院に通い始めて8年位。先生は度々代わり、数えてみたら、初対面で執刀するTころ先生は7人目です。そのことをTなか先生に伝えながら、
「ラッキーセブンですね。」なんて言ってみたりする。そもそも、Tなか先生も代わりたてで、確かその前の診察で2回しか会っていません。押しが強くて人懐っこい感じなのでわたくしも、構えず接していますがもともとが付き合い浅い間柄。そして先生が変わっても、技術ガタ落ち!とかはないだろうと。そもそも、先生達の力量、分からんし。
 あ、何の手術をするのか触れていませんでしたね。複式単純子宮全摘術+両側卵管卵巣切除。お腹を掻っ捌いて子宮とそこに取り付いた大きな筋腫、そして卵管と卵巣もとってしまう、という手術です。

 そんなこんなで、内診を終えると消灯まで結構、ヒマです。次いつ腹筋できるか分からないので、ゆっくりストレッチや腹筋をしました。そうそう、間にシャワーがあったのですが、30分で区切られていて、かなり焦りました。暫くシャワーは出来ないから、ほんとはゆっくりしたいけれど、何せ30分。扉を閉めて服を脱ぐところから、全身を洗い、ヘアキャッチャーの掃除、パジャマを着て扉を開け放つまでを30分。無事に規程時間内にこなしました。こうして、入院初日は終わりました。

 ところで、病院では21時消灯6時起床。入院前は0〜2時就寝7時半〜8時半起床という生活。寝つきは良いので21時就寝は問題ないだろうけれど、6時起床は不安だったのですが、毎日起きられました。退院して1週間経つ今も、さすがに21時就寝は出来ませんが、早寝早起き出来てます。このままで、ありたい。




先日、入院・手術をしたのですがその前に、方除けをしに行った話

 日吉大社へ方除け祈願に行きました。⁡

受付で⁡
「お引っ越しですか?」と聞かれたので⁡
「入院して手術するのですが病院の方角が悪いそうなので。」と答えると、⁡
「ふっ・・・」⁡
え、笑った?今、鼻で笑いましたよね?お主、呪われるが良い。とまでは思いませんでしたが、少々嫌な気持ちに。⁡

 しかしてこの「ふっ・・・」氏が、ご祈祷してくださるヒトでありました。お前がかーっ、と思ったの事実。⁡

   ご祈祷が始まると、初体験故興味津々(スゲい。漢字ばかり)。わたくし、七五三も、関西ならでは?の十三詣りも未経験ですの。ところでこの文章、下書きを手書きで行ったのですが、「詣り」という字を書く気満々で「脂り」と書いてしまいました。脳内ではマーチンが🎵違う違う、そうじゃ、そうじゃなぁい と歌いました。⁡

   話は戻りまして。⁡
初祝詞・初ぴらぴら&鈴しゃんしゃん・初玉串拝礼。⁡
玉串拝礼は、やり方をYouTubeで予習して挑んだのですが、玉串を、⁡
「では、茎を向こう側に向けて台に置いてください。」とだけ言われ、渡されました。え?ほないつお願いゴトするん?と、戸惑いましたが、せっかく覚えたつもりになっていた手の運びをすっ飛ばして玉串を置き、二拝二拍手一拝をして下がりました。⁡
  そして結局、お願いタイムは現れず。⁡
  儀式中は、宮司や巫女の動きを注視し、頭を下げてしゃんしゃんされている間は”しゃんしゃんされている自分”を噛みしめていたわたくし。そう、ご祈祷中はほぼ全く、願っていなかったよ。ただ、参道上ってくる間、何度も、⁡
「手術が無事に終わって、術後の経過も良好で、満ち満ちた人生を送れますように」と思っていたので伝わっている、と、思いたい。⁡

   ところで、祝詞て番地もフルネームも、ハッキリクッキリ声張って仰るのですね。プライバシーッ、なーい。⁡

     最後にお土産、ではなく徹下授与。渡された紙袋には、お札と一緒にそばぼうろが入っていました。どのタイミングで頂こうかしら?入院してからは手術翌日まで絶食だから、家を出る前に家族と頂こうかしら?そして余りを退院してから頂こうかしらね。⁡

   ご祈祷を終えてから、山を歩きました。『ぶらがバ』の写真を撮り、息を深く吸っていたら、気分が平らかになって行きます。そして、ふと「ふっ・・・」氏を思い出し、返事がああいう風なヒトなんだわ、きっと。と、思いました。自然、ありがとう。さすが比叡山。そして、自然の中の『ぶらがバ』。何だか神々しいわ。⁡

   自然と言えばこの日、家を出てから神社最寄り駅に着く前までは、青空に美しく白雲が浮かぶ秋らしい空で、暑くもなく寒くもなく、だったのですが、電車を降りると小雨が振っているではありませんか。参道を上って行く途中、結構な雨量に。そして、ご祈祷が終わると、晴れました。⁡
   よく、直前まで大雨だったのに、行事やイベントが始まると晴れ間が広がった、という話を聞きますが、逆パターン。ただわたくし、あの木立のなか雨に包まれる感じは大変気持ち良かったのです。それはそれで、護られてると思いました。しっとりと。⁡
「あぁ、許されてる、わたくし・・・」

 そうそう。ご祈祷中は『ぶらがバ』を、お膝に乗せていました。もちろん、神様のほうを向けて。一緒にしゃんしゃんされたのよ。入院にも、お付き合いしてもらいました。




銀座にあるハイブランド に併設されているギャラリーに行ってきた

グランスタ丸の内の「動輪の広場」での下界を終えた翌日の9月15日はフリーデイ。あれからもう1週間経っているのかと、 しばし呆然・・・。気を、懸命にこのブログに取り戻して。
 フリーデイは銀座をウロウロしました。

ドムドムハンバーガーがあったので思わず撮影。その昔、京都は四条にもあり、2度程行ったような遠すぎる記憶が。この日は既に鰻食べちゃってお腹一杯だったので写真を撮っただけでしたが次回、銀座に行くときは寄りたいものです。

 で、本題です。
 シャネルのネクサスホールでやっている『シャネルを紡ぐ手 アンヌ ドゥ ヴァンディエール展』を観ました。シャネルにまつわる工房の職人たちの手に焦点を当てた写真展。最初、ショップの方へ入ってしまい、店員さんがさっとお付きになったところに
「ねくさすほーるにいきたいのです」を怖気付きながら言うと「入り口が別になります」とクッキリ美しく彩られた目で真っ直ぐ見つめながら優しく教えてくれました。一旦、建物を出て横っちょの入り口からエレベーターに乗り会場へ。

 薄暗いそこにある写真は美しかった。
今、思い出していて「あれ?白黒だったよね?」と考えてしまうくらい、色が見える写真群でした。職人さんの、手に対する言葉も添えられていて、美しいモノを作る人は言葉も、興味深いな、と思います。 どれくらい美しかったかと言うと、一緒に連れてきた『ぶらがバ』を抱えながら気付くと手が、お祈りポーズで涙ぐんでいたくらい。 指輪をわんさかしている人が意外にも多かったです。 細かい作業には邪魔と思われそうなのだけれど、作業中に目に入る指輪でテンション上がるのでわたくしも指輪して作業するコトがあり、親近感が湧きます。爪を伸ばしている人も多く、それが作業に便利と書かれていたのも一緒です。短く切り揃えていたほうが、接客のときなど清潔感があるかなと思うけれど爪は、細かいものをつまみ取ったり、布にちょっと折り目をつけるヘラ代わりにしたり、道具としての機能が優れています。別に爪の中が汚れているわけではないし、わたくし非深爪派です。

 若い頃は、自分の身体の中で唯一、気に入っていたパーツが手でした。
 しかしそんな手も大分老けてきて、血管浮いているし指がごんぶと(昔、そんな名前のカップうどんがありました)になってきたけれど労ろう、と思った展示でした。そして、指輪が欲しくなりました。沢山指輪を着けている職人さんの言葉に、
「私は自分の手を気に入っています。たくさんの指輪を着けているこの手。すべて夫から贈られた指輪で〜中略〜私の手はさまざまな愛情で満たされているのです。」というのがありました。素敵。わたしが持っている指輪は全て、作家仲間のモノ。指輪に限らず友人たちが作ったアクセサリーを身につけて売り場に立っていると、一緒にいてくれるような気がして、心もとない売り場でも、心強いのです。
「持っている指輪を全部着けているからもうこれ以上、指輪は買えない。」と、ちょっと笑っちゃうようなことを書いている職人さんもいました。

あぁ、指輪欲しい!

続いて赴いたのは、エルメス。ここもギャラリーへは、売り場とは別のエレベーターで向かいます。エレベーターの扉が開くと奥の壁にとってもカラフルな絵と、美しいエレベーターガールが。ウイーンと上がった先では田中和奈展が行われていました。こちらも写真です。そしてこちらはネクサスホールと打って変わって自然光が燦々と入る白い空間。この記事TOPの画像はこの展示で1番心惹かれた写真を描きました。

 観終わり再び、エレベーターに乗ります。奥の壁の絵を観ていたら、降りていく中グワーーーッと動いていくのです。上に行くときは、扉方向を見ていたので気付きませんでした。ただ、壁に絵がかかっているだけだと思っていたのですが、その部分は窓になっていて、外壁に作品があるの?もう静かに大興奮です。なんじゃこりゃーっ、好きーっ、です。思わず箱から出て行くときに、
「これ、めっちゃいいですね。」と、自分でも解るくらい目をキラッキラさせてエレベーターガールに話しかけてしまいました。すると、
「こちらは前の○○○○○(カタカナの長い名前で一文字も覚えていない)の展示の際の作品なのですが、好評だったので残しているのです。」と教えてくださいました。彼女がとても嬉しそうにお話ししてくれて、わたくしは彼女のコトも「大好き!」と思っちゃいました。

 その後はGINZA SIXの蔦屋書店に行き、アート関連の書籍の充実具合に圧倒され、スターバックス リザーブストア 銀座マロニエ通り店でナッティーなんちゃらを美味しく戴きお土産に、パンを購入。翌朝自宅で食べたクロワッサンが、予想よりいけてました。リベイクしたらサクサク具合が爆発しそうでしたが、そうするいとまが惜しく、食べるのを止めることができませんでした。関西でも食べたい。と、最後は食で、締め括りましょう。




トーキョー下界と、それに伴うネットショップ対応の遅れについて

 9月8日(木)から14日(水)は、グランフロント東京のB1にある「動輪の広場」に下界致します。東京での1週間下界は去年の6月に、同じく東京駅のecute以来です。あの時は、場所を秘していました。緊急事態宣言最中だったので。
 今もなお、コロナの波はザッパンザッパンしていますが、下界の場所を大っぴらにできる幸せを噛み締めているので、歯が欠けないうちに、会いにいらしてください。
関西以外でのPOP-UP初登場住人は、ありんこ天国のアイドル『鼻ぶらりん』が遂に役に立ってしまう、鼻ぶらりんがバッグ、略して『ぶらがバ』と、鼻ぶらりんがポーチ、略して『ぶらがポ』。 もちろん、鼻&小鼻ぶらりんもぶらぶらしています。 そしてそして、Instagram等で試作段階からチョコチョコ出していた新住人『腹透』も3人、下界致します。かなりの高級住人です。とっても愛いです。   お目々の管は針金内蔵の可動式。勝手に色んなトコを見ています。  更にPOP-UPに出すのは20年振り位かもしれません。絵も販売します。絵は以前から働き蟻Mさんに
「絵やイラストも売ったらいいのに」と言われていたのですが何となく、気持ちにビビッと来なくて。でも、あ、今これからかも、てこの度感じて。こちらも観にいらして欲しいです。   
 日々の様子はInstagramTwitter(各々、別画面が表示されます)にてチェックしてください。シフトのお知らせもそちらで致します。まだ、フォローしてしらっしゃらないヒトは、フォロー&いいね、してください。喜びます。わたくしが。

 では、東京駅丸の内地下南口の改札外「動輪の広場」にてお待ちしております。
尚、下界に伴いネットショップの発送は、9月20日以降になります。ご了承ください。




ワークショップと下界のお知らせ

数年ぶりにワークショップをします。
タイトルは「おうちにある生地が『鼻ぶらりん』に?!」
最初に申しておきますが、鼻ぶらりんそのものを、作るのではありません。 ワークショップ情報の前に、東急ハンズ梅田店への下界情報。

時:8月23日(火)〜9月6日(火)*最終日18時閉場 
場所:大丸梅田店内 10階 Dゾーン

 会期が長いですね。住人のみの下界です。
で、会期中に、ワークショップを行います。その日時と予約ページはもっとずっと、下に記します。

 イベントタイトルが、”エコでナチュラルな蚤の市「Life with+Re」”
 ありんこ天国のどの辺がエコでナチュラルなのか。ふ、不具合が出てきたら治療を施す→長く使える。というトコロかしら?手作り作家はみんな、同じだと思いますけれどね。で、ワークショップ。
 改めまして今回のワークショップでは、あなたのおうちにある捨てられない生地ーーー着なくなったTシャツなどのお洋服・穴の空いた靴下・使い古してるけれどお気に入りのタオル・買ったけれど使っていない生地etcーーーを持ってきてください。
 そこから、あなたとわたしくしで、模様や色を見ながらいい感じのカタチを掘り出します。
掘り出したら切り出します。
それをちくちく縫って
綿を詰め詰め。
それが体になります。そこへ登場するのが、ありんこ天国から舞い降りて来た鼻ぶらりんの顔面です。
この顔面を、 先程仕上がった体に縫い縫い。
あ!!という間に鼻ぶらりん。・・・鼻ぶらりんですよねっ!!の出来上がりです。

試作に色んなカタチ、作りました。
 工程画像で使ったタオル生地は、もう3年前になるのか。初めて岡山の天満屋へ下界し、終了した翌日のフリーデイに行った、竹久夢二美術館で購入したタオルです。
 もうなかなかに使い込んでいたのだけれど、なんかなー、捨てるのもお雑巾にするのも、なんかなー、と使い続けていたタオル。ついに鼻ぶらりんになりました。夢二と勝手にコラボレーションです。どうしましょう。どうもしません。

 その他、ありんこ天国オリジナル生地の者
 モケモケ靴下だったもの(洗ったよ)
 あと、秘密の正体。知りたいヒトはワークショップで聞いてみて。教える。

 ワークショップは8月27日(土)と9月3日(土) 両日11時〜と15時〜の計4回行います
が、既に27日の11時からは満席になりました。ありがとうございます。
ご予約はこちらから
(東急ハンズ梅田店の体験型コンテンツ内ありんこ天国ワークショップ詳細&ご予約ページが別ウインドで開きます)

 実は、そこに書いてある持ち物に、重大な間違いがあります。生地の大きさを「約10cm角〜」としていますが、それだと半身しかできません。正しくは、約10cm×20cm〜 または 10cm角以上を2枚 です。すみません。大きな生地のまま持って来て貰っても構いません。そして所要時間が約60分とありますが、お裁縫に不慣れなヒトは120分見ておいてください。60分以上かかる場合は間に、コロナ対策でインターバルを取るそうです。60分で仕上がるのは、相当手慣れた人だと思います。なので、それ以上かかっても大丈夫な時間の余裕を持って、参加してください。

   手縫いの時間は無になれる時間です。初めて縫い縫い教室をしたときは、皆が縫っている間に何を話したら良いのだろう、と考えていたのですが、皆さま聞いちゃあいないということが分かりそれ以降は、わたくしも一緒になって縫い縫いすることにしています。でもその時のわたくしは無にならず、好い加減に周囲も見ていますので遠慮なく、分からないコトがあればガシガシ聞いてください。縫いながら、思い出話をしたくなったらしてください。

 Let’s 縫い縫い!

 あなたのお越しを、これから生まれる鼻ぶらりんと共に、お待ちしております。




紫陽花の季節ですね

お庭の紫陽花が綺麗に咲いています。と、打つ途中、「あじさい」を「おじさい」と打ってしまったようで「お庭のおじ祭が・・・」と変換されました。おじ祭。おじさんの祭。白ふんどしのおじさん達のレイブパーティー。それが、わたしの中のおじ祭。

 話がずれましたね。紫陽花が綺麗です。うちのお庭には、TOP画像のピンクのと、青紫のも咲いています。
 滋賀は多分まだ、梅雨入りしていませんが、紫陽花が綺麗だったり雨音が耳に心地よかったり、湿気さえなければ梅雨時期も嫌ではありません。湿気は嫌ですね。でも湿気でしんどかったり、お洗濯ものが乾かなくてイライラするときでも
♪あーたし さくらんぼ のノリで
♪あーたし かたつむり とか
♪あーたし あまがえる と歌えば幾分、楽しく過ごせる気がします。

 ところで近所の玄関先にとっても好みの紫陽花が咲いていて小鼻ちゃんとお写真撮りたいのですが、交流がないお家なので撮れない。残念でたまりません。かと言って、小鼻ちゃんとの写真のためにピンポン押そうとは思いません。でもいつか、そのお家のヒトが外に出ているときに出くわしたら、 「美しい紫陽花ですね」とお声をかけたいです。そして、小鼻ちゃんと写真を撮りたいです。出会え、わたしたち!