おうち」カテゴリーアーカイブ

 岡山で見つけたバターナッツかぼちゃ。初めて見ました。黄色いツルツルの肌。ピーナッツみたいな形。わたくし、バターもナッツもかぼちゃも好き。これは買って帰らねば。

 そして今朝、ポタージュとグリルで頂きました。
「コンソメは入れないで!」と買ったときに貰ったレシピに書いてあります。出汁を入れなくても美味しい、という自信。
で、言われた通り作りました。
右上のカップは野菜ジュース(自家製)
 綺麗で優しい色

味は
うーん

 期待ほど濃厚ではありませんでしたが、出汁なしとは思えない味。
グリルも水っぽいかぼちゃ様(よう)で、わたくしの、窒息しそうなのが好き❤️という好みには合いませんでしたが、この、わたくしが買ったモノが、そういうのだっただけかもしません。だって、その名はバターナッツですもの。
普通のかぼちゃも当たり外れありますものね。
また、買ってみなければ!
そして、ねっちり濃厚バターナッツかぼちゃに出会おうぞ。




 あれは去年の夏の出来事。
ドラッグストアの店内をウロっていたら、お姉さんに声を掛けられました。

「お肌の診断を受けてみませんか?」的に。
お姉さんの制服には、有名高級基礎化粧品会社の刺繍。CMで見るヤツだ。やってみたかったヤツだ。と、いうとで、まんまと診断を受けてみるコトにしました。

 お姉さんも、商品を売るために肌診断を持ちかける訳だからよもや、美しい肌の持ち主には声を掛けるまい。どんな結果が出ても亜理(あり=わたくしの本名)、泣かない。と、決心をしてカウンターに案内されます。

椅子に座ると、案内してくれたお姉さんとは違うお姉さんが商品を手にしながら尋ねます。
「こちらはご存知ですか?」わたくしは答えます。
「もちろんです。」お姉さんは尋ねます。
「どんな印象をお持ちですか?」わたくしは答えます。
「◯◯◯◯(CMをやっている美人女優)」お姉さんは微笑みます。
「こちらをお使いになれば、その女優さんになれますよ。」
「なれるか~い!」
 化粧品を使ってそのCMに出ている女優になるンなら、お姉さんも彼女になっているだろう?つこて(使って)ないんか、自社化粧品。心の中で静かに突っ込む。

 そんな、会話を交わしつつ、肌診断です。卵型の機械を指し示しお姉さん、
「コレ、されたことありますか?」わたくしは答えます。
「ないです。」お姉さんは言い放ちます。
「未来の肌まで、見えるんですよ。」わたくしは答えます。
「恐ろしいてす。」
 でも、未来より、今の肌を知るのが恐ろしいのです。恐ろしいけど、知りたいのです。そして、ほっぺに近付けられる、卵型。

結果は?!
上原亜理 45歳の肌はどう?

 キメ以外全て、年寄り。キメはある。キメだけはある。キメしかない。
右上の、・毛穴
    ・シミ
    ・くすみ というのは、診断前に申告した気になる点です。
トタールでは1歳上の46歳だけれどシミ・くすみは見事に53歳!撃沈。

 ところで席に座ってからずっと、お姉さんとお話ししつつ、隣の診断組の会話も気になって仕方ありません。かなり強烈に商品を勧めるお姉さんと、なんとか買わずにおいとましようとするお姉さんの攻防が繰り広げられています。
「今、はじめるのと1ヶ月後にはじめるのとでは結果が違うんですよ!」そんな文言を繰り返すお姉さん店員。
「でも、今すぐ買う判断はできません・・・」これまた繰り返すお客さんお姉さん。そりゃそうだ。オ安いモノではない、どうしよう。うっかり、肌診断受けちゃったけど、わたしもお隣さんのような攻撃を受けるのだろうか?不安になるわたくし。わたくしのお姉さん店員ともお話ししなくちゃならないし、お隣は気になるしで内心テンテコマイ。そしてわたくしのお姉さんとうとう、値段の話をし出しました。わたくしはおもむろに言います。

「わたし、何使っても荒れないんですけれど、何使っても良い変化を感じたこともナイんですよね。」真実である。化粧品もそうだし、例えば、
「もつ鍋食べた翌日はお肌がツヤツヤ〜」なんて経験も、ありません。普段どーり。するとお姉さんは仰います。
「そうですねぇ、こちら使って頂いてすぐ、効果が出るかもしれませんし、1年後かもしれませんし・・・」思わず、
「いーちねん!」と声にしてしまいました。声、裏返り気味に。わたくし、1本使い切る頃には変化を感じたい派です。・・・感じたコトないけど。そしてなんとお姉さん、それ以上勧めることもなく、またの機会に、と言ってパンフレットだけ渡してくださいました。お隣はまだ、絶賛お勧め中。

 買え買え攻撃に合わないでホント良かった、たまたま、わたくしのお姉さんがおっとり型だったのか、お隣お姉さんが攻撃型だったのかはいざ知れず。
 ほっとしたのですが。
 この話を働き蟻Mさんにしたところ、
「もうどうしようもない肌で早々に諦めはったんちゃう?」と。確かに。1〜2個、年齢より上だったのであれば、
「弊社の商品で生まれ変わって、カモ〜ン!」となるのが、1つを除いて軒並み実年齢以上だと、
「もう、弊社の商品では無理。変わらない肌に苛立ち、悪評をSNSに垂れ流すやもしれない。弊社のせいでは断じてないのに!」となってもおかしくない。いや、なるに違いない。そうか、そうだったのか。

 まあいい。
 できる範囲でなんかしつつ一生、この肌と生きて・く。




 我が家は普段から四角いお餅を常備しています。しかし、お正月用には丸餅準備しま す。そして、鏡餅は買いません。買いませんが、大晦日に丸餅を重ねてを鏡餅風にして 家のあちこちに置きます。

 TOP画像は制作の間のそれです。

 カピカピ。これは、新年も明けて4日だから・・・ではありません。置いて一夜を経た元旦にはカピンチョでした。どれだけ乾燥してるねん。そりゃわたくしのお肌もシワるわけです。
 ラジオから岡村靖幸の「だいすき」が流れてきて思わず一緒に歌ったのは数日前なのにもう去年。

 岡村靖幸は好きで良く聴いていたけれどこの曲は、タイトルに反してそんなに好きではなかったのです。 なのに歌えるし、今やすっごく上がります。レンタルショップからCD借りてきてカセットにダビングして聴いていたあの頃。そんなに好きじゃない曲も飛ばさず聴いていました。聴いていて良かった。歌えて良かった。
 ちなみに、岡村靖幸のファンは彼のことを、「岡村ちゃん」とか「やすゆき」と呼びますが、わたくし個人的にずっと、「おかっぴー」と呼んでいます。
悪しからず。

 安全地帯
 岡村靖幸
 坂本龍一
 菊地成孔

 中学生の頃から振り返る、好んだミュージシャンの一部です。ちょっとヘンタイ風味な彼ら(褒め)。最近、ヘンタイで気持ち悪いミュージシャン(褒め)て見かけないような気がします。ヘンタイ性を知るくらいちゃんと、好きなミュージシャンが今はいない、というコトかもしれません。

 そう言えば、去年末チラリと見たソフトバンクのCMの、米津玄師ならぬ米津玄鰤(よねづ けんぶり)には「ケンブリて!」と思わず突っ込み、ケンブリッジ飛鳥まで思い出しました。ケンブリッジ飛鳥を見たらわたくし、心の中で「ケンブリ」と呼び、Lemonがかかってしまいそうです。ついでにLemonの話。

 Lemonと言えばアレですよね。コーラスで小さく入っている「ウェッ」。アレが気になって仕様がありませんよね(押付け同意)。ラジオから流れてくると心の中で「ウェッ」真似してしまいます。たまに、声に出てます。美メロに「ウェッ」て。


 は!もしやヘンタイなのかケンブリ。いや、玄師・・・
ちなみに、わたくしの中ではこんなの

が、「ウェッ」と言っています。




    ++++++++++++++++++++++++++++++
 明けました。
 わたくしの今年のお正月は、普段通りなので特に感慨もないのですが・・・
せめて、ということで昨日の大晦日、HAPPY COME でお正月お飾りを作りまして、制作の間のドアに飾りました。
生花を使ったお飾りなのですよ。




 あ・れ?
気付きましたよね!?縦位置と横位置で変えただけではありませんよ。
ほらねー
小鼻ちゃんもぶら下げます。


 去年の春頃からだったか夏頃からだったか、得意だった早起きが突然、できなくなりました。 目覚ましを止めた記憶もない、という、それまでなかった現象も数回経験。午前中には気分が悪くなるほどの眠気に襲われることも、数回経験。原因が分からないのですが今年はまた、早起きできるようになろうと今朝も5時起きを目指しました。が、ベッドから抜け出したのは6時半。明日は6時を目指し、明後日は5時半、明々後日は5時起き達成。か?
 早起きで勤勉な(仕事にも遊びにも)ありんこに、なりますなれますなるべきだなるだろうそれたらいいななれるかもしれないならざる者食うべからず。

 と、いうことで2019年も、ありんこ天国と仲良くしてください。
そして皆さま、ありんこ天国の住人と、HAPPYにむせ返る1年に致しましょう!




         ++++++++++++++++++++++++++++++++
 タコゾウ(仮)が。仕上がりました。
 針金を内蔵したので、ポーズも色々。




なんなら、ナマケモノスタイルもできます。
 先日アップした後も型紙変更がありまして。
顔と耳は1回でOKでしたが、牙は2回、尻ッポは3回、本体お腹側4回、同背中側10回!
取り直して辿り着いたカタチです。

吸盤はスパンコール✨
数えてみたら全部で175個。
スパンコールはもちろん、ひとつひとつ手縫いで縫い付けていくのですがこういう作業、没頭しちゃうんですよねぇ。
ずーっと下向いて縫い縫い。
気付いて頭を上げると激痛。
見事に肩凝り頭痛です。
でも、止められないし、終わり近くになると寂しい気持ちになるのです。

 ところで吸盤を付けるときに調べたら、雌はその並びがキレイで、雄は雑然としているのですって。吸盤好きなのですが、食べるのが。知らなかったわ。
蛸さんの吸盤は足の内側にあるようですが、タコゾウ(仮)は外側にしました。単に見映えの問題で。 並びはキレイに。とうことは雌。
でも牙があるから雄。
両性具有ね、素敵。
と、思ったら、象さんて牙は雌雄関係なくあるそうで。
牙は雄のモノという思い込み。イケナイ、イケナイ。雌も雄も、長く美しい牙を持つのです。
と、思ったら、アジア象さんの雌は、牙を持たないコトもあるのだとか。
アジア象さんの雌、自由ね。
因みに、タコゾウ(仮)の象さんモデルは明石象という、今は亡き象さん。復元模型では、お耳が小さいのでアジア象さんタイプですが、その立派な牙は、アフリカ象さんタイプかと思われます。ハイブリッドなのかなぁ、知らんけど。
 ところで基本、ありんこ天国の住人は、性別がないと思って作っています。わたくしの元を巣立ち、誰かと共に暮らす中で、性別を持ちたくなれば持てば良い、という感じ。タコゾウ(仮)もまた、そうなのでしょう。

 色は、蛸さん寄りにして赤くしたのですが、考えてみたら赤て、茹だった色、ですよね。生の蛸さんの色を、茹だった蛸色と象さんの色と、どちらに近いかと問えば、確実に象さんではなかろうか。でもタコゾウ(仮)はタコゾウ(仮)だから、赤く茹だった色をしていても、死んでない。生きてる。生きて、6本の足で立ち上がるのだー!
 ちょっと。訳わからんくなってきたのでこの辺りで。

 注文仕事なので、ご満足頂けるか心配はありますが、しばし、達成感にひたひた浸りながら、次の仕事行ってみよ!




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 先々週は、アレがアアなってしまったあと、



友人であり働き蟻さんとしてずっと、ありんこ天国を支えてくれているMさんとお茶して


鼻ぶらりんに使う生地を買いに行って


映画を2本観て


気分を一新



 身体は大丈夫ですか?というお問い合わせを沢山頂きました。


ご心配をお掛けいたしました。


ありがとうございます。



 先週からタコゾウ(仮)を作っています。


いつものことですが、思っていたより難しくて手間取っています。


使うのは3つの型

 数cmから数mm単位で修正を繰り返していきます。


 これでイケるやろう!と思っては撃沈の日々。


どうか、今度ので決定になってくださーーーーい。


 台湾から戻って幾日。
(多分)漢方医に整えられた首ゴキゴキと、その後の台湾シャンプー でお姉さんがしてくれたマッサージ、というか強烈指圧のダブルパンチで痛めたと思い込んでいる首痛、からの頭痛が治りません。ので、整形外科に行って参りました。思い出すのはそう、今年2月に痛めた胸鎖乳突筋。そして先生に、
「また首ですか」と言われる始末。
前回と同じく足の裏を触られ「えへへ」と笑うわたくし。先生は今回えへへとは笑わず「ごめんね」と仰いました。レントゲンを今回は3枚撮り、電気と赤外線。その間約20〜30分。
「あれ〜?もしかして、先生結構カッコイイのでは?」と先生の残像を矯めつ眇めつ(ためつすがめつ、てこんな字を書くのね。書けんな)眺めて時間をやり過ごすわたくし。

 そしていよいよ診察室へ。

 ストレートネックはどうしようもない、として。頚椎が狭くなっている場所もあるけれど、神経には触っていないし、痺れもないからその辺はまだ大丈夫。何かの拍子に痛めてしまったのでしょうが、整体やマッサージくらいでなるかなぁ?と首を傾げる先生、と一緒に、首を傾げながら先生の顔がカッコいいのか確かめるわたくし。つまり、凝視。
 カッコいいような、気もする。そうでもない、気もする。ふんわり、カッコいい先生だと思うことに決定。それが、幸せ。先生の仰るコトに集中することにしました。

 上を向いて撮ったレントゲンがあったのですが、
「通常は、まあこれほどまでとは言いませんが、もうちょっと緩いカーブが上を向かない状態であるんです。」驚くわたくし。上を向いて初めて、普通のヒトが前を見ている状態に近くなるって・・・。
「あと、肩が下がってますね。普通、肩が頚椎の6個目あたりから出るんですけど、8個目あたりから出ているでしょう?」確かに。因みに、頚椎の個数はうろ覚えですので悪しからず。とにかく、通常より2コ、下から肩になっているらしいのです。気持ち悪いほど首が長い、と言われた経験があるわたくしですが、まさに異常だったのですね。
「胸を開いてアゴを引いた姿勢を心がけてください。まあ、仕事柄ね、なかなかね・・・」そうですね、仕事柄ね、下ばかり向いておりますから。
 飲み薬4種と貼り薬も貰ったのが昨夜。  お夕飯後にお薬飲んで、お風呂上がりに貼り薬貼って、今朝。ほぼ、痛み感じず。薬の威力、絶大!怖い!頚椎のカーブが欲しい!昔は細い”I”だったのが年と共に太い”I”になっていく体にS字カーブが欲しい!




 ペンタブのペンの芯がだいぶん、短くなっていたのでちょっと伸ばそうと思っただけなのです。
適当に、この繋ぎ目外したらいいのかな〜?とスポッとしたら。
どうやら、開けてはならぬ場所だった模様。

 なんか、細ーいバネがビヨヨ〜ンて、なっとるなぁ

 しばし、眺めるわたし。

 ちっちゃい部品もバラバラと散らばっとるなぁ。

 微動だにせず、(自分によって)壊されたペンを眺めていたわたくしですが、やおら動き出し、意味不明の緑の板の上に、適当に散らばった部品を置いてペン先側の筒に戻してみました。
ら、もちろん、治りませんでした。というか、元の鞘にすら、収まりませんでした。恐るべし、適当。遅ればせながら説明書を読むと、ペン先をクルクルして外せば良い、とか。シャープペンシル気分でいじってしまって、まだ寿命あったのに、ごめんねペンタブのペン。今までありがとう。安らかに。