投稿者「jyoou」のアーカイブ

 2023年初下界であり、術後初の下界は1月25日(水)〜31日(火)の1週間、大丸福岡天神店B1です。去年に引き続きこの時期での下界になります。

 下界自体も久しぶりなのでうっかりね〜、住人達のお写真をちゃんと撮る前に送り出しちゃったのねぇ。なので画像は、生まれてすぐにInstagramのストリーズにあげた取って出し、とでもいうのでしょうか。スナップで失礼します。でもこのスナップでも、「おっちん」の可愛さは伝わりますね。

 色々と不安なのですがもちろん、楽しみでもあります。沢山の人間に、ありんこ天国の住人達が出会って何かしら、心に残りますように。

 下界に伴い、ネットショップの対応が遅れます。自動送信でない受注メールを含め、2月3日以降のご連絡や発送になること、ご了承ください。




でした。ただ、『干支鼻&小鼻ぶらりん*卯』の通販が30日から2日まであったので、無事に全員巣立てるかどうかを気にして過ごす、年末年始ではありました。
 そしてありがたいことに全員、巣立ちました。うさぎ小屋つきの2匹セットでお求めくださったお客さまも複数いらして、小屋縫いが、2023年の縫い初めでした。
卯年といえば、飛躍の年といわれ、跳ねよう・跳ねて・跳ねれば・跳ねるとき・跳ねろや!などと言われがちですが、跳ねてばかりだと足腰痛めます。怠けることすら軽やかに、ぴょんと行って良いです。怠けるを行う。ふふふ

 ネットショップでお迎えのお客様へのお礼状は通常は、プリントしたハガキを使うのですが今回は、1枚1枚描いてみました。
まあまあ、違う卯達。
2023年も、ありんこ天国と共に、跳ねたりゴロゴロしたり、致しましょう。




 来年2023年の干支は卯。その、うさぎを模した鼻ぶらりんと小鼻ぶらりんを通販します。期間は、本日12月30日(金)18時から年明け2023年1月2日いっぱい。そして只今17時まで、サイトがプレオープンしています。

 卯鼻ぶらりんはこちら

 卯小鼻ぶらりんはこちら

  ピョンピョンと、どこかに跳ねて行ってしまいそうですが大丈夫。お鼻からぶら下げておけばいつでも、真っ赤なお目々であなたを見上げてくれます。だから、鞄や壁から出たフックや、あんなところこんなところにぶら下げてください。ながーいお耳で何か素敵な物事をキャッチして、あなたを導いてくれたりしちゃったりするかもしれません。縁起物、ですね。




 乳腺から2週間後⁡。今度は循環器の診察です⁡。覚えていますか?⁡手術前日検査の心エコーで見つかった⁡、穴。⁡ 心臓の壁に、穴⁡。緊急性がないので退院後に外来予約取るように言われた⁡、穴。⁡

⁡  ちょっとお話逸れますが⁡入院中に読もうと思っていた本に⁡『更年期障害だと思っていたら重病だった話』村井理子著 がありました⁡。結局入院中には読めず⁡、退院してから読んだのですが⁡これがたまたま、心臓の病気のお話で⁡した。
⁡ 村井さんは全くもって重病だったのですが読みながら⁡わたくしも、緊急性がないとは言え⁡、カテーテル検査とかするのかしら?⁡脊髄麻酔のあの圧迫感を思い出しながら⁡、あれを首から入れる感じなのかしら?カテーテル⁡て。と想像を膨らませていました⁡。

⁡  そして、診察当日⁡。OKモト先生が説明してくださいました⁡
⁡ 極々⁡、小さい穴が左心室と右心室の壁に空いているそうで⁡、ちみっと、左心室から右心室に血液が流れてしまうそうです⁡。
「なのでちょっと効率が悪いです。」⁡

⁡  効率が、悪い⁡。
わたくして色々、効率が悪いなぁとかねてから感じていたのですが⁡、心臓の血液循環からして効率が悪かったのです⁡。そりゃ、仕方ないわね⁡。病名としては『心室中隔欠損症』というそうです⁡。
⁡「今まで何か、心臓のことで言われたことありましたか?」⁡
「ないです」実はあるのですがさほど重要ではないだろうと判断して申告せず⁡。後程、記します⁡。
「まあ特に、経過観察とかも必要ありませんので」⁡
「そうですか」⁡
「息切れとか浮腫とか酷くなったら念のため、また来てください」⁡
「息切れも浮腫もデフォルトですけど、分かりました」⁡
終わり⁡。

⁡  えーっ⁡。それだけなら入院中に言ってくれたら良かったのに⁡。わざわざ来たんだからもっと何かないの?⁡カテーテルどころか⁡エコー検査すらなかったよ⁡。いや何事もなくて良かったのだけれど⁡。

⁡  で、まぁいいかな、と思ってOK本先生には言わなかった事柄です⁡。
 中学生のころ心電図で引っ掛かり⁡、大きな病院で再検査になったことがありました⁡。踏み台昇降をしてデータ取る、という⁡。
⁡ そのとき言われたのは⁡、
「運動後に◯◯(忘れた。心拍数的、な?)が上がりにくいので、マラソンとかしたらいいかもですね」⁡そしてその後、運動の道、、、には進みませんでした⁡。
⁡ 手術前検査のときにも⁡心電図で引っ掛かったのですが⁡、それはOKモト先生もご存知だろうと言いませんでした⁡。因みに、みんな大好きTナカ先生も⁡心電図で引っ掛かるそうです⁡。
「なんなんでしょうねー?」て仰っていましたが先生も⁡穴⁡、空いてるのかもね⁡。

⁡  気抜けしておうちに帰ったその夕方⁡。スマホを見ると着信履歴がありました⁡。番号を調べるとどうも⁡病院ぽい⁡。 リダイヤルしてみるとやはり病院。なんだなんだ?と思ったらかけてきたのはOK本先生⁡。
「さっき、言い忘れたことがあって」⁡
「あら、何でしょう?」⁡
「普段は全く気にしなくていいんですけれど、虫歯とか抜歯で、菌が心臓のほうに行っちゃうとヤバイんで」⁡
「そうなんですか?」⁡
「なので、虫歯とか抜歯のときは気を付けてください」⁡
「分かりました」⁡
まあまあ重要なコトを言い忘れていたOK本先生でした⁡。

⁡  わたくし3ヶ月に1度⁡、歯医者でメンテナンスして貰っているのですが次回⁡、歯科衛生士さんにお伝えしておきましょう⁡。
「わたくしを抜歯するときは⁡、心臓に菌が入らないように注意してください。」⁡
⁡ そもそも⁡、歯磨きを抜かりなく行って⁡虫歯にならないように⁡、そして抜歯する事態に追い込まれないように⁡ しようね、わたくし⁡。そして、毎日しちゃう間食を、やめなはれや。


<おまけ>
 OKモト先生からお電話を頂いた時、とても電波が悪い状態でした。途中、OKモト先生が
「あ、切れた。」と仰ったのですが繋がっていたので急いで、
「切れてない!」とやや叫んでしまったのですが、”小力かよ”と思ったのでありました。
 最後、
「分かりました」と言った途端、今度は本当に切れてしまいあたかも、わたしがそそくさと切ったみたいな感じ悪い雰囲気を醸し出したのですが、多分先生も分かってくださったであろう。
切れちゃったんだな、と。




 数年前までサンタさんには、格好良い自転車をくださいと、おねだりしていたのですが貰えないままこの数年は、おねだりするのを忘れていたことに本日12月25日、気が付きました。
来年は、何かおねだりしよっと。物欲、大事。

 そんなクリスマスは干支ぶらりんと、京都のお店『地球の幸せを夢見るバク』のシュトーレンを抹茶で頂きました。今年はシュトーレン、4種類頂きました。どれも、それぞれ、美味しかったです。

 

2022年もあと数日です。1年短いのに、何をしたかあんまり覚えてないのは何故なのかしら?年内の目標は、干支ぶらりんの通販です。




  「退院後その2」は乳腺のお話です⁡。
ドラムロールを鳴らす間もなく発表された病理検査結果告知を受けた翌日は⁡乳腺科へ⁡。もう何年も前にしこりは自分で発見していて⁡、診察も受けていました⁡。別の病院で。

⁡  その時のお話もしておきます⁡。
まずマンモしてーーー⁡マンモ⁡。痛いとよく聞くマンモ⁡。恐れていたのですが全く痛くなく⁡。これ多分、胸が余りにも小さすぎて無痛だったのだと思います⁡。大きいと潰さなきゃならないから⁡。で、無痛だったわ、楽勝!⁡となっていたらその後⁡、組織を取るとか言って銀色の⁡、馬に使うみたいなでっかくて太い注射器を胸に刺されたのです⁡。馬に使う注射器見たことないけど⁡。

⁡  刺されただけでも痛かったのですが⁡、刺したまま先生は⁡、
「あれ?ちょっとズレたな」等と言いながら⁡グリグリ針を動かすではありませんか⁡。泣いた⁡。ベッドに横になるわたくしの目から流れた涙は⁡、耳の穴に入りましたとも⁡。
⁡ 終わってから⁡、
「何か質問はありますか?」と先生は仰いました⁡。
「痛すぎて何も思い付きません」と答えたところ⁡、先生と看護師さんに笑われる、という⁡。⁡その後出た結果は良性で、ただ今後も検診をちゃんと受けるようにと言われたのでありました⁡。

⁡  が、受けていませんでした⁡検診。その、しこりが子宮筋腫のCTを撮った際⁡、気になる点として上がってきたのです⁡。それが半年くらい前だったのかな?⁡触診とエコーのみ受けて⁡半年後の経過観察が⁡、Tナカ先生の診察の翌日だったのです⁡

⁡  退院後の診察の予約を取る際、乳腺の予定が自分の診察の翌日である火曜日に入っているのを見て⁡、
「連日になっちゃいますが」とTナカ先生が仰ったので⁡、
「同じ日にしてください」と言ってみたら⁡、
「僕、月曜日なので無理です」⁡
「そうですよね」と言う訳で連日の病院通いです⁡。

⁡  乳腺ではまた、触診とエコー⁡。エコーがね、苦手なのです⁡。ゼリー塗られて何か固い器具でグリグリされるやつ⁡。 もうくすぐったくて⁡。
 この日も耐えに耐えました⁡。でも我慢しきれず笑っちゃいました⁡。
「ごめんなさい、くすぐったくて」⁡
すると、Tミタ先生から意外な一言が返ってきました⁡。
「若いですね」⁡因みにTミタ先生は⁡20代にしか見えない、ツヤツヤの可愛い女性です⁡。本物の、若さです⁡。⁡ツヤツヤTミタ先生曰く⁡、
「10代の患者さんなんか、笑っちゃって診察にならないことがあるんですよ」⁡そうなのか⁡。わたくしの皮膚感覚は、フレッシュ⁡。ということにしておきましょう⁡。
 そう言えば昔、漢方医にかかっていたのですが。そのとき、くすぐったがりも度が過ぎると異常なんだと、言われました。漢方医の診察は、お腹を必ず揉まれるのですがもちろん、笑っちゃうし、堪えるからぐっとお腹に力が入っちゃうしで、先生は
「何も、分からん。」と、仰っていました。
⁡ お話戻って、しこりは、半年前と比べて形状に変化ナシと言っていいとのこと⁡。1年後にマンモしましょう、ということになりました⁡。

⁡  体内に、しこりができやすい体質なのね⁡。しかし⁡、子宮にしろ胸にしろ⁡、女性の象徴とされる部品⁡。そこを武器にすることもなく過ごしてきたのに⁡(過ごしてきたからこそ、とも言えるのだけれど)⁡、難を受けてしまうのが、解せないわぁ⁡。

 あと、ここへ来てまたTが付く先生が登場。わたくしを巡る4Tドクターズ。




 退院して2週間弱経った頃、診察がありました。内臓を取っちゃった後は終わった感が強くて忘れていたのですが、病理検査の結果をこの日、聞くことになっています。要するに、ガンか否か。聞く前に心の中で、ドラムロールを鳴らそうと決めていました。

 番号が呼ばれ、診察室の引戸を開けた瞬間、
「ガンじゃありませんでしたーっ!」T、Tナカ先生…。
早いよ。ドラムロール鳴らす、一瞬のスキも無かったよ。いや、一刻も早く知らせてあげようという、Tナカ先生の優しさです。
「お、う、良かったです」

 そしてわたくしお待ちかねの画像を見せてくださいました。ポーカーフェイス・イTオ先生を思い出しつつ、見る (イTオ先生については1つ前の投稿をご覧ください)。しかし、正常な生子宮の様子を知らないわたくしには正直、その異様さをイTオ先生と同じレベルで理解出来ません。残念すぎる。先生達と同じ解像度で見たい。

 筋腫は子宮の外に出来ていたのですが、子宮より大きく成長していました。正面からの画像と後ろからの画像を見せて貰い、
「写真撮っていいですよー」
「はーい」と、2枚、撮りました。しかし、おうちに帰って改めて見るとモアレってた。次回2月の検診のとき改めて 撮り直しさせて貰いましょう。

子宮と筋腫
自分だったものだけれど
宇宙の生き物のようです
『遊星からの物体X』
映画のタイトルが浮かびますがこの映画、未見です

 この頃はまだ、痛み止めが欠かせなくて処方してくれるように頼みました。
「分かりました。じゃ、特別にどーんと30日分プレゼントします!」
「ありがとうございます」と、答えたものの、お、や?支払うのはわたくしです。そう、Tナカ先生に述べてみたら
「そうですね!プレゼントじゃないです」ズコーッて、なる。

 まだほんの少し出血があったものの⁡内診も異常なく⁡
「傷口もキレイです」と言って貰えました。これでキレイなんだな、と思うスーッと入った切り込みラインの周りはみよみよと波打っています。溶ける糸なので抜糸はしません。
 術後に貼って貰ったテープが取れてからはシリコンテープを貼っています。朝晩2回、自分でブレンドしたオイルを塗って、
「傷痕さん、残るな~」と唱えています。
「傷痕は残ります」と、イTオ先生に無表情で宣言されましたけどね。




 退院の日です⁡。基本は10時半退院なのですが⁡、家族の迎えの都合で14時にして貰いました⁡。
⁡1人でもおうちまで帰れる⁡と思っていたのですが⁡、スーツケースを引くのが無理かも、と⁡迎えを頼むことに。腹筋というのは⁡、ちょっとしたことにも使われてることを、知りました⁡。

⁡  昼過ぎ退院ということで⁡、
「お昼ごはん、どうされますか~」と、看護師さんに聞かれました⁡。
「うーん、食べて帰ります」⁡
「ご飯、美味しいですか?」と問われて改めて、考えます⁡。
⁡不味くはありません⁡。が、美味しくもない⁡。のだけどそれは⁡、食器が味気なかったり⁡、お隣のベッドとの仕切りカーテンを眺めながらのお食事だから、というのが大きな原因のような気がします。違った環境で食べれば美味しかったのではないでしょうか⁡。

⁡  退院後の生活についての説明もありました⁡。看護師さんがプリントを見ながら読み上げてくれます⁡。
「お腹に布団を掛けないようにして」と⁡。え?ずっと掛けてたけど?⁡掛けなかったらポンポン冷えちゃう⁡、となっていたら⁡、
「あ、間違えました⁡。お腹に負担をかけないようにして、お布団の上げ下ろし等はしないでください。」⁡わ、わ、笑うと腹筋使うから~⁡。
「やだ、もうお腹痛いですぅ。」鉄板か?!これ、同じ状況の患者に毎回言ってるんでしょ?⁡

⁡   笑うのも辛かったけれど、それより辛かったのは⁡、くしゃみ⁡。もうくしゃみは痛みが破壊的⁡。
⁡ くしゃみを止めるには太陽を見ると良い、て誰か言ってたのを思い出し⁡、太陽が見えるときは太陽を⁡。見えないときは蛍光灯の光を⁡見ていました⁡。すると、見事に止まる⁡。
⁡ そう。止まっていたのですが⁡。今改めて調べるてみたら⁡、太陽を見るとくしゃみが出る、そうなのです⁡。その名も「光くしゃみ反射」⁡
 なぜ、わたくしのくしゃみは光を見ることによって止まっていたのでょう?⁡プラシーボ的な?⁡
⁡ 話戻ってプリントには⁡”性生活について”という項目もあり⁡、なかなかに生々しい記述⁡でちょっと引く⁡。

⁡  Tナカ先生とイTオ先生もベッドの横に揃い踏み。⁡
「そう言えば、取ったものの写真を見せてくれると仰っていましたが、次の診察のときに見せて頂けますか?」手術前の診察のときに、取ったものを見たいと言ったら、実物は直ぐに病理に回すから見られないけれど写真なら良いですよ、と聞いていたのです⁡。
「そうですね、次の診察のときに!」とTナカ先生⁡。そしてそれを聞いた、常にポーカーフェイスのイTオ先生が、
「あれは衝撃かも」とニヤリとし、嬉しそうな声音で仰います⁡。(あ、感情がある)思わず心の中で言いました。このときが、彼の感情が見えた、最初で最後でした。

⁡  その後、イTオ先生のみが残って⁡質問に答えてくださいました⁡。
 ⁡傷口にはまだ⁡、手術のときのテープが貼られたままです。 幾らか剥がれて来たら全部自分で剥がして⁡好みのテープに貼り換えます。、と、いうことは⁡、傷の全容と1人で、向き合わなければならないということです⁡。
⁡「傷を見て、悲しい気持ちになったらどうしたら良いですか?」イTオ先生に聞いてみます⁡。いつものポーカーフェイスで間髪いれず⁡、
「誰か解り合える人と一緒に過ごしてください」⁡
「はい」⁡
 幸い⁡、その後1人で傷を見たとき悲しい気持ちにはなりませんでしたが⁡、”誰か解り合える人と一緒に過ごしてください“⁡。なかなかロマンチックなフレーズだと思うのですが⁡、無表情&無感情過ぎて何だか⁡面白かったのよ⁡。

⁡  そして無事⁡、家に戻ったのでありました⁡。駅から自宅まで⁡歩いて5分程のなのですがあの日は⁡倍はかかりました⁡。手術から2ヶ月弱たった今⁡、ほぼ毎朝のスロジョグもトテトテ、難なく続けています。2~3週間前でしたか久々に、お腹が痛かったのですが多分⁡、手術前まで日課だったスクワットを⁡久し振りにしたせいです⁡。まだ早かったのか⁡、単に久し振りだったから筋肉痛なのかは⁡分かりません⁡。

⁡ お腹を掻っ捌いて5日で退院できる⁡。
今やほとんど以前と変わらず生活している。
人間の回復力に驚かされます⁡。

⁡  入院と手術に関わってくださった沢山の先生と看護師さん⁡。手術のキロクを読んでくださった皆さま⁡。ありがとうございます⁡。あと、退院後の診察と、なぜ手術をずっと⁡渋っていたのかも記しておきたいと考えています⁡。 もちょっとお付き合い⁡くださいませ⁡。




 術後4日目となると歩くときも⁡背筋を伸ばしそこそこの早さで歩けます ⁡。通常に比べれば⁡半分程の早さではありますが⁡。

⁡  廊下をお散歩していたら⁡向こうからやってきた執刀医のTコロ先生が⁡、
「スタスタ歩けてますね!」と挨拶してくださるので⁡、
「うふ」と答えたり⁡、ナースステーションにいらっしゃる受付のお姉さんに⁡、
「姿勢いいわねー」と誉められたり⁡。

⁡  お腹を庇って背中丸めていると⁡、その、縮んだ形で傷口が固まっちまうのではないかと思って⁡、あと、⁡病人然と見られたくないと⁡、入院患者のクセに思ったりして背筋を伸ばすようにしていました⁡。

⁡  書き忘れいましたが術後3日目⁡Tナカ先生が⁡、
「僕、いつ退院て言ってましたっけ?」と⁡わたくしに問うてきました⁡。
「診察のとき頂いた紙には4~5日と書いてありましたがその後、”4日はないな“て仰ってましたよ」⁡
「そうですね。じゃ、火曜日退院ですね⁡。明日、退院前の診察しましょう」⁡
そんな感じ~?⁡

⁡  とにかく翌日には退院のこの日術後4日目⁡。看護師さんにお礼を伝えておきたくて⁡、お忙しい中を担当看護師のYシタさんにちょっと⁡、雑談にお付き合いして頂く⁡。

⁡  「そう言えば、病室へは何時頃帰ってきたのですか?」と聞くと⁡、
「5時頃でした⁡。皆で、まだかなぁ、て待っていました」とのこと⁡。
⁡ 12時に手術が終わる予定でしたから⁡、戻りももっと早く予定されていたのでしょう⁡。”待っていました“という言葉に⁡”待っててくれたんだ!”と、なんかちょっと、意味が違うような気がしつつも嬉しくなるわたくし⁡。

⁡  病室に帰ってきて震えるわたくしに電気毛布をかけてくれたこと⁡。
一晩中何度も⁡寝返り打たせに来てくれたこと ⁡。
あと、多分夜中⁡。気付かないうちにナースコールを握っていて⁡しかも押しちゃって⁡、
「どうしました?」と来てくれたYシタさんに驚き⁡、更には自分の右手に握られているナースコールに驚き⁡
「わっ!」と投げ捨てたこと⁡。

⁡  翌日からも担当看護師さんだけでなく沢山の看護師さんが日々⁡、お世話をしてくださいました⁡。
「看護師さんて、凄いですね⁡。本当にありがとうございます」⁡
 結局Yシタさんには退院のときおめにかれなかったのでこの時⁡、お伝えできて良かったです⁡。

⁡  改めてベッドの頭に掛けられた⁡主治医や担当看護師のお名前が書かれた札を見ます⁡。
「あ・・・」⁡
⁡ 手術後、毎朝と毎夕⁡、主治医であるTナカ先生とは別で立ち寄って⁡、傷口チェックしたり様子を聞いてくれる先生がいらっしゃいました⁡。いっつも来てくれるなー、と何となく思っていたのですが札に担当医:イTオとあります⁡。 あの先生、担当医だったんだ!⁡
退院1日前にして気付くわたくし⁡。ごめん、イTオ先生⁡。親切な人なんだと、思ってた。

⁡  そう言えば手術当日朝⁡、輸血なんかの説明に来てくれたのイTオ先生でしたよね⁡。多分あのとき⁡、
「担当医のイTオです」て自己紹介してくださってますよね⁡。
聞いちゃぁいなかったよ⁡。

 主治医:Tナカ先生⁡
 執刀医:Tコロ先生⁡
 担当医:イTオ先生⁡
合わせて3T⁡ドクターズが、わたくしの先生だったのです。

⁡  で、Tナカ先生とイTオ先生の2Tと看護師Oニシさんで⁡退院前診察へ⁡。
「上原さんて、お仕事何されてるんですか?」唐突にTナカ先生(以下T)が問うてこられます⁡。
「自営業です」と、わたくし(以下A)⁡。
T「何作ってるんですか?」え?何で作ってる前提?といぶかしみながら⁡、
A「えっと、素敵なものです」⁡
2T&Oニシさんの笑い⁡。
T「お洋服ですか?」⁡
A「違います」そこへ被せぎみに⁡、
T「着てる服とか、自分で作ったのじゃないんですか?」⁡
A「市販のです」⁡
T「僕ねー、上原さんいっつもお洒落やから、デザイナーさんかな、て勝手に思ってたんです」⁡
A「えー、ちょっと嬉しいんですけどぉ」⁡
2T&Oニシさんの笑い⁡。
T「で、何作ってるかは教えてくれないんですか?」⁡
A「はい」⁡
2T&Oニシさんの笑い⁡。

⁡  と、いう会話をあの、診察台の上でカーテン越しに交わしたのでありました⁡。診察台が日常になってる・・・怖いわ⁡ と、病室に戻ってから気付く⁡。

⁡  このとき(もう、診察台から降り、パジャマ着てます)⁡、手術の少し詳しい様子を聞きました⁡。
「左に大きな筋腫があってそこを尿管がグイーンてなってて、」あと、忘れた⁡。メモを持っていかなかったから、忘れた⁡。
⁡ 事前に採っておいた自己血400mlを使いきり⁡、それで足りたことは覚えてます⁡。輸血すると今後一生献血が出来ないので⁡、自己血で完結して良かったです⁡。

⁡  この日初めて⁡出されたご飯を完食できました⁡。手術翌日は、食べるとお腹が圧迫されて軽い吐き気がしていたのですが⁡、その次の日から⁡、起こしたベッドに長座姿勢ではなく⁡、ベッドの高さを高くして⁡そこにちょん、と腰掛ける姿勢で食べるようにしてみました⁡。バーの椅子に腰掛けるような感じ⁡。 ⁡ すると圧迫がなくなり吐き気もしなくなりました⁡。今後、腹部の手術受けるときは⁡。ご参考まで⁡。




 この日の朝、傷を覆っていたワッフルみたいなフワフワした白い格子状の緩衝材が取り去られました。
 そこに現れたのは、細いテープで細かく留められた傷口。TOP画像がその図解です。まだ、傷の全容は見えません。傷は、残るそうです。
だったら、その傷痕を活かした刺青いれようかな、なんて思う。

 調子がグッと上がってきたので朝からサクサク動きます。といっても洗顔とか歯磨きとか、そういう日常行為。
歯ブラシを落としそうになり咄嗟にキャッチ。成功するものの、お腹と手でキャッチしてしまい、
「ボフッ」と声にならない声を上げる。
 よく映画で怪我したところ殴るけどアレ、マジでやっちゃ駄目。身をもって、知りました

 そんなこんなで一連の、朝の準備をしたら疲れてしまいました。調子良い、と思ったけれどまだまだ通常ではありません。

 さて、そんな術後3日目の昼食。お盆に乗っているメニュー票に”栗ご飯”とありました。栗好きなわたくし。
わーい、とお茶碗の蓋を取りました。
 そこには、今まで見たことない小ささに粉砕された栗がまぶされたご飯がありました。こんなの、栗ご飯じゃない!でも、もしかしたら食べたら美味しいのかも、と1口。
栗、の、味、が、し・な・い・ね
がっかりだよ。
他のメニューは、肉うどん(肉は小さくなかった。良かった。)と胡瓜酢の物。炭水化物祭りメニューでした。

 食べながら、はぁぁ、シャワー浴びたいなぁ、と思う。手術翌日から看護師さんに手伝って貰いながら温かい、でっかい厚手のお手拭きみたいなので身体を拭き、ドライシャンプーをするのだけれどやはり。物足りないしさっぱりしません。

   昼食後にいらした看護師さんに、
「明日はシャワーできますか?」と聞いたら
「ん?今日からできますよ。伝え忘れてますね」
わーい!(この日2回目の”わーい”)とシャワー予約シートを見に行くと17時30分からの1枠だけ、空いていました。ラッキー。

 ドキドキ30分のシャワータイム。ひょー、気持ちいー。満喫して出てくるとベッドには、お夕飯が用意されています。
旅館かよ、と、思ったのも束の間。シャワーて、滅茶苦茶エネルギー使うのですね。もうぐったりしてしまって ご飯もほぼ、食べられませんでした.
ショック.
朝といい、こんな日常のことも出来なくなっているんだ。