次回からは靴下も

 見知らぬ男に、しかも、会ってから数分しか経っていない男に、膝を開くのは。
さらに、朝の10時に、そんなコトするのは、何とも表現しづらい乙女心です。しかし、子宮筋腫の手術を2年前に行ってからの定期検診ですから仕方ないのです。

 約一年ぶりの検診。
 今まで診てくださっていたビッグバン先生。もちろん、本名ではありません。ちょっと変わった漢字のお名前で、キラキラネームだったらビッグバンと読ませるな、と、勝手にそう呼んでいました。もちろん心の中で。今日も、ビッグバン先生だと思っていました。久しぶりだけど元気かな〜、なんて、会うのをちょっと、楽しみにしていたのです。が、診察室の扉にかかっている見知らぬ名前。呼ばれて入ると、見知らぬ男。
「誰だ、お前?!」
とは、言いません。ビッグバン先生は、移動になったそうです。思わず「どこへっ?!」と詰め寄りそうになりましたが、考えてみたら移動になったとてその病院に変えるほどの執着はないので、黙ります。そういう訳で、朝の10時から、初めて会う男に向かって、ウイーーン、と膝を開く羽目になった訳です。
 ウイーーン、というのは、変な椅子に座らされるのですよ。下半身マッパになって。その椅子は、膝から下を片足ずつ載せるようになっておりまして。診察までは両足揃った状態で座れるのですが、いざ診察となるとスイッチが入れられ椅子が上がり、両足がウイーーンと開かれるのです。そして、座面部分の前半分が下がります。初めてアレに乗ったときは、恐怖以外のなにものでもありませんでした。回数こそ重ねたものの、その無防備さと間抜けさと恥ずかしさは、っっっとに、どうにかならんものかと思います。
 で、今日は靴下を履いていたのですが、靴下を脱ぐか脱がないか、迷いました。結局履いて診察椅子に座ったのですが。下半身丸出しで靴下。しかも、気球柄のPOPな靴下て、間抜けさが倍増だったかも。という、お話でした。

 只今9月20日23時50分までプレミアム鼻ぶらりん「1つ目」通販中です

エアコンのない部屋で、暑さにまみれて読書

 タイトルとは異なり昨日今日と、涼しいですけれどね。  大倉崇裕著「やさしい死神」を読んでから、落語を聴きに行きたくてたまらないわたくしです。もう数年、行ってないなぁ。

 こちら、シリーズになっていて「やさしい死神」は第3弾。前2作も既読で、内容は例により覚えていませんが、面白かった。です。「やさしい死神」は人情話なミステリーが5編、収録されています。もちろん、落語に詳しくなくても無問題(モーマンタイ)。ただ、読めば落語を聴きに行きたくなるはず。出てくる話は
口入屋
桜鯛
宿屋仇
三文起請
つる
花見の仇討ち
子別れ・下 子は鎹(かすがい)
富久
宿屋の富
親子酒
 あと、落語ではないですが「紙切り」が出てくるので、この芸も見てみたくなることでしょう。わたくしは見たいぞ。

 落語を初めて聴いたのは、高校の校外授業でした。誰が演じたのか、内容はどうだったのか、全く覚えていません。唯一覚えているのが、学校から会場まで歩いて向かっていたときのこと。
 友達が筒状のものを持って歩いていたですがーーーそれも何だったのか覚えていませんーーーそれを見たクラスメイト男子が、
「それ、ざこばのポスター?」と言った、ということのみ。聴きに行ったのは米朝一家・・・じゃない、米朝一門だったのでしょうか?実際ざこばの落語を聴いたのでしょうか?とにかく残念ながらそのときは、全然心惹かれなかったのです。

   それから数年も数年も数年も経ったころ、桂歌之介さんの落語を聴き、その面白さに心がキャーキャーしてしまったのです。その後、何回か他の落語家さんを含め聴きに行ったものです。丁度その頃、大倉崇裕の落語シリーズを図書館で見つけ、読みました。小説に落語。好きなもの×2。
 その後うっかり、落語を聴きそびれておりますが、うーーん、また、寄席に行こう!
 あと、大倉崇裕の著書では落語と全く関係のない福家警部補シリーズも好きです。ウィキで調べたらオチケンシリーズもあるとか。落語研究会とな。コチラも読まなくては。聴いて読んで。違う世界に訪問しまくりたいものよの。

 只今9月20日23時59分までプレミアム鼻ぶらりん「1つ目」特別通販中です

ちょっとしたコトなの

 ありんこ天国人気のパカリズム。
オリジナルプリントの生地を前面にフィーチャーしたポーチです。口にワイヤー口金を使用しているので、パカーッと大きく開きます。
 そのタブ。


 四角い布片の4辺を5mmの幅でコテて折り込み、それを半分に畳めば良い。


 のですが。ありんこ天国、ヒト手間かけます。
四隅を三角に折ります。折り鶴おるとき、こういうの、やりますよね。


 すると、こんな風に。


 そのあと半分に折ると、折口が綺麗なんですよねぇ。

 別に、三角に折らなくても、ただコテで折り込むだけでもいいのですが、すると、

 このように合わせたタブの間から折り込んだ生地が見えがち。それがイヤなのです。
画像では伝わらないかもしれないちょっとしたコト。ちょっとした手間。ありんこ天国、かけてます。

パカリズムの購入はこちら

1つ目が、9月20日までの期間限定で通販登場

 プレミアム鼻ぶらりん「1つ目」期間限定通販始めます!
本日8月20日20時から9月20日23時59分までの期間限定です
各1人ずつです
興味のあるヒトはもちろん、大して興味のないヒトも、どうぞご高覧くださいね

 プレミアム鼻ぶらりん「1つ目」のご紹介はこちら

「お盆マルシェ」を終えて

 阪神梅田本店8階催事場にて開催された「お盆マルシェ」。8日に無事に終えることができました。
ありんこ天国の住人を連れ帰ってくださったヒト、出会ちゃったヒト、気にかけてくださったヒト、ありがとうございました。一緒に暮らすコトにした皆さまにおかれましてはより一層、生活に華やぎが生れますように。また、「お手入れと治療について」を読んで末長く、一緒に暮らしてくださいね。

 それにしても阪神梅田本店への下界は何年振りだったでしょう?




 「お盆マルシェ」と聞いて、帰省のお土産マルシェかなぁ?と想像したというお客さまに、親戚一同に鼻ぶらりんを配る図を想像してウキウキしたわたくし。来年のお盆に如何ですか?
 わたくしの小鼻がしているインスタグラムも毎日、更新していました。小鼻は未だに、その満足感に浸っております。

 この週の8階は、お盆マルシェの他、「アヤカシキツネ」「大江戸技くらべ」「九州うまかもん市」というラインナップ。着物や浴衣を着用して販売に立って居るヒトも多かったので、わたくしも便乗して人生初・着物で販売、してみました。

 一緒に顔ハメしてくださって居るのは、大人気てぬぐい屋さん「まま・めぞん」のみちをさん。

 ありんこ天国は、Apsu雑貨屋ミケちゃん(50音順)と一緒の島だったのですが、お盆マルシェの中でも「異様に濃い] (友人談)ゾーンでした。Apsuさんは文様T-シャツに短パン、ミケちゃんは80年代原色&プリントファッション、そして着物のわたくし。あの日は特に、カオスすぎてまとまっていました。毎日毎日、とっても楽しかったのですが、住人の巣立ち具合はいまひとつ。それを阪神のK氏が気遣ってくださり、出展お仲間の「マヤルカ古書店」がお取り扱いのモロッコマルシェバッグを借りてきて、ディスプレイしてくださったのです!

 す・て・き。
快く貸し出してくださったマヤルカさんにも感謝。実はマヤルカ古書店。先日出会ったお友達のお友達に、お勧めされた書店だったのです。こんなにすぐ、会えるだなんて自分の引きにびっくりです。
 すてきといえば、ミミズクヤ。毎日、洋服生地で作った着物と、店主の着こなしを眺めて楽しませて貰っていたのですが、最終日。「首ちょんぱ」をねぇ、首ちょんぱをねぇ、お買い上げくださったのです。

 和装にもピッタリです。そして後日。お店に行って参りました。そこにおわすは・・・

くーびちょーんぱー。
店内くまなく物色しわたくしが購入した着物はこちら。
 わたくしもこちらを着て首ちょんぱを連れて歩こう。うふふふふ

 「お盆マルシェ」では、まま・めぞんのてぬぐいも、友人へのプレゼントに1枚頂き、pichio candleのコケシキャンドルは母へのプレゼントに頂きました。
 母のこけしコレクションに仲間入り。

 あれ?さっき、ありんこ天国の住人の巣立ちが悪い、て書いてたよね?お買い物なんかして、いいのん?と思ったあなた。ありんこ天国の歩みが遅いからといって、お財布の紐を締めてばかりいたらダメなのです。良き物は、手に入れていいと思うのです。確実に相手が喜んでくれそうな贈り物も必要です。・・・そう言い訳して、買い物してます。
 さて。
 次の下界は9月です。広島です。14日(木)から19日(火)の6日間。普段より1日少ない日程です。広島パルコに下界致します。中国地方にお住いの皆さま、どうぞざっくり、お運びくださいませ。

意外にも、服装年齢性別国籍全てを超越して似合ってしまう存在「首ちょんぱ」のご購入はこちら

コバッグは手提げです

 この夏登場したコバッグ。手提げです。ありんこ天国オリジナル生地も鮮やかな、手提げです。
トロンとしたカタチの先っちょには、お馴染み蟻のマークが入った引き手をタグ代わりにぶら下げております。
 そしてこちら、リバージブルです。
 よよ、寄ってみましょう、トロンに。
 誰だー
 コバッグだー

 通販の予定は今のところありません。下界情報をチェックして、立ち寄れるトコロにいらしてください。次回の下界は9月14日(木)から19日(火)広島PARCOです。赤い街へ、降り立ちます。中国地方の皆々さま、がっつりお出ましくださいね。

阪神梅田本店下界チュウは、ネットショップのもろもろが遅れます

 タイトルで全て言ってしまいました。
 8月2日(水)から8日(火)の1週間は、阪神梅田本店8階催事場で行われる「お盆マルシェ」に下界します。それに伴い2日から13日まで、ネットショップの対応がもろもろ遅れることをご了承ください。
 お盆マルシェでは、<お盆に下界ということは・・・>と思いついたプレミアム鼻ぶらりん「1つ目」登場。8月一杯の販売で、8月の下界は阪神が最後になります。そして新住人の「コバッグ」も大阪初下界。
ネットもいいけど実物もね!ということで、どうぞお出ましくださいませ。住人一同、涼しい顔してお待ちしております。

コバッグ登場!

 ありんこ天国に新しい仲間ができました。
コバッグです。


 ありんこ天国オリジナル生地を全面に出したシリーズ第2弾です。(第1弾はこちら)。手提げです。ちょっとソコまで行くのに活躍。プレゼントにもお勧めです。持っていないので画像がないのですが、長財布も入ります。
 トロンとカーブがある不思議な形。先っちょにはブランドマークがインボスされたチャームがぶら下がります。


 そして。

 もしかして。


 やっぱり!
リバーシブルです。

 そしてトロンには「ここにいましたか!」な、お顔も。小顔ちゃんです。

 8月2日(水)から8日(火)の1週間は、阪神梅田本店8階「お盆マルシェ」に下界致します。
 プレミアム鼻ぶらりんの「1つ目」、コバッグと共に、お待ちしております。暑いさなかではありますが、どうぞお出ましください。

 コバッグ ¥4200+税
 プレミアム鼻ぶらりん<1つ目> ¥8500+税

バーンスタイン「ミサ」を観た、というか井上道義を隙間から観た

 井上道義が好きなんです。(画像ググると、とても指揮者とは思えない画像も出てきてステキ)

 井上さんのことを知ったのはいつの何だったのか、覚えていません。クラシック好きでもありません。でも、気付けば彼の指揮っぷりが好きになっていたのです。
 初めて生で振るのを観たのは・・・何年前だったか兎に角数年前のザ・シンフォニーホール。ここのホールはオーケストラの背後にも観客席があり、つまりは指揮者を背中からではなく正面から眺めるコトができるのです。わたくしの為にあるような席です。曲目はもちろん、覚えていません。最後に六甲おろしを演奏した以外は。笑いが広がる楽しい〆でした。

   それから、他の指揮者も何人か観たのですが、なぜか井上さんのように面白くない。なにが違うのかなんて、分かりません。ただ、観ていてワクワクするのです。心が踊るのです。

 1度観て以来、また観たいなぁと思っていたのですがなかなかタイミングが合わず。そこへピターン!と合ったのがこの「ミサ」でした。先ほどもクラシックには明るくないと申しましたがバーンスタイン。名前は知ってるよ、ていう程度の知識。もちろん、ミサがどんな作品なのかなんて知りません。ただ、こちらを読んで、「なんか、色々やるみたい。」と思った、という。

 そして始まる「ミサ」。
 あれ?あれれれれ?オーケストラが。オーケストラがオーケストラピットに入っている。そうか、そういうことか!と気付くわたくし。目当ての井上さんは、見えんがなーーー。舞台は声楽家やバレリーナが占拠。バンドもいたけれど、とにかく井上さんは舞台の下です。がっかりしつつも、そこは気持ちを切り替え、舞台を楽しむコトにしました。歌詞は英語です。なので、字幕が付きます。字幕が付くことは事前に分かっていましたが、どんな風に?と興味津々だったのですが、舞台中央上空に、電光掲示板とういうのでしょうか、掲げられ、そこに字が流れてきました。

 生映画、的な(色々矛盾しておりますが)。そこへ登場、ボーイ・ソプラノ。なんて、う・つ・く・し・い、声。
 わたくし、声フェチなんですが、今のところNo.1声は国際政治学者の姜尚中さんです。落ち着いたええ声です。声が知的です。知的が声です。話している内容が、全く頭に入らないくらい、耳に心地よい声です。このように、普段は低めの声が好きなんです。素敵な男性が、ちょっと声高かったりすると、ガッカリを隠せないのです。でも、ボーイ・ソプラノは別物でした。あれは天使です。
 で。舞台に戻りますとたまに、日本語の歌詞が歌われるのですが、ええっ?!と耳を疑った歌詞が。

♪よろしおしたな 兄弟  よろしおしたな 兄弟 よろしおしたな〜〜 兄弟

 力強く美しい声で歌われる「よろしおしたな」。バーンスタイン、一気にナニワ。
 と。
 あれは、井上さんではないですか?前の席の観客の頭の隙間から、井上さんの腕と頭が見えるではありませんか!よろしおしたな、わたくし!
 それからは、字幕を見るコトもなくひたすら、観客の頭が動くたびにわたくしも位置を修正しながら、あぁ、前にいる観客の頭を切り落としたいっ、と思いながら井上さんを追うタイム。

 追いながら、舞台にも視線を飛ばす。滑り台から美しい声の少年が滑り降りてきてグランドピアノの上で司祭がのたうち、ギターが、十字架の銃がーーーー

 まずい、眠い。

 わたくし、眠くなってきたのです。唐突に。唐突ついでに、舞台は終わりました。あれ。
拍手拍手。眠たくなっていたくせに、拍手。眠たくなっていたくせに、主役級のボーイソプラノがお辞儀すると、涙ぐんだり。母か。でも、彼、込山直樹さんの声はまっこと、美しかったのですよ。この舞台の誰のどの声よりも。母じゃなくても涙ぐむくらい。すぐに、失われる声への涙か。
 そして続く拍手。はけては出てくる演者。終わらない拍手。もうはけなくてもいいではないか、演者。拍手の途中で席を立ちました。
 長いエスカレーターで後ろにいた男性2人が熱く、感想を語り合っていました。とっても、感動していらっしゃいました。わたくしがほぼ把握していない内容に。 「これ、見る人によってはけっこういたたまれないんちゃう?」などと仰っていました。宗教を扱った作品だから、だそうで。 えへへ、途中から、英語分からないくせに字幕見てなかったから、内容全然分からんわ〜と、お2人のお話を聞きながら思うわたくし。
 内容分かってないわ、終盤眠かったわ、で言うのもなんですが、行って良かったです。ただ今度は、ちゃんと井上さんの指揮が見えるコンサートへ行こう、と決心するのでありました。LOVE井上道義。

8月2日〜8日は阪神梅田本店8階「お盆マルシェ」

 8月の下界は入ってすぐの2日(水)〜8日(火)の1週間、阪神梅田本店8階で開催される「お盆マルシェ」に下界致します。 
 8月は、ありんこ天国鬼門の月なので、下界はせず、エアコンのない暑い我が家でダラダラ過ごそう、と思っていました。が、面白い企画にお誘い頂き、参加するコトに。スケラッコさんの「盆の国」も購入して拝読。見えたいような、見えたくないような・・・。ひと夏の思い出は、スペクタクルです。

 もちろん、この夏のプレミアム鼻ぶらりん「1つ目」も連れて行きます。 ひとり¥8500+税。

 もうひとつ、その名も「コバッグ」という新住人も誕生しています。パカリズム同様、ありんこ天国オリジナルテキスタイルを全面に出した手提げです。画像も近日アップするので、お待ちくださいね。

 昨日19日に最終日を迎えた月の山カフェ&ギャラリーで開催された「おでかけモード展」。
おいでくださったヒト、気にかけてくださったヒト、ありがとうございました。住人と、一緒に住むコトに決めた皆さまにおかれましては、より楽しい生活が広がること間違いないです。お手入れと治療についてを読んでどうか末長く、一緒に過ごしてくださいませ。