住人帳」カテゴリーアーカイブ

 ありんこ天国人気のパカリズム。
オリジナルプリントの生地を前面にフィーチャーしたポーチです。口にワイヤー口金を使用しているので、パカーッと大きく開きます。
 そのタブ。


 四角い布片の4辺を5mmの幅でコテて折り込み、それを半分に畳めば良い。


 のですが。ありんこ天国、ヒト手間かけます。
四隅を三角に折ります。折り鶴おるとき、こういうの、やりますよね。


 すると、こんな風に。


 そのあと半分に折ると、折口が綺麗なんですよねぇ。

 別に、三角に折らなくても、ただコテで折り込むだけでもいいのですが、すると、

 このように合わせたタブの間から折り込んだ生地が見えがち。それがイヤなのです。
画像では伝わらないかもしれないちょっとしたコト。ちょっとした手間。ありんこ天国、かけてます。

パカリズムの購入はこちら
 ありんこ天国に新しい仲間ができました。
コバッグです。


 ありんこ天国オリジナル生地を全面に出したシリーズ第2弾です。(第1弾はこちら)。手提げです。ちょっとソコまで行くのに活躍。プレゼントにもお勧めです。持っていないので画像がないのですが、長財布も入ります。
 トロンとカーブがある不思議な形。先っちょにはブランドマークがインボスされたチャームがぶら下がります。


 そして。

 もしかして。


 やっぱり!
リバーシブルです。

 そしてトロンには「ここにいましたか!」な、お顔も。小顔ちゃんです。

 8月2日(水)から8日(火)の1週間は、阪神梅田本店8階「お盆マルシェ」に下界致します。
 プレミアム鼻ぶらりんの「1つ目」、コバッグと共に、お待ちしております。暑いさなかではありますが、どうぞお出ましください。

 コバッグ ¥4200+税
 プレミアム鼻ぶらりん<1つ目> ¥8500+税

 わたくしのお気に入りでありながら、なかなか巣だってくれなかったブローチ。そろそろ、わたくしのモノにしてしまおうか、と考えていた矢先。
 小田急百貨店町田店でこれ以上ないというくらいピッタリのご婦人の元へ巣立ちました。
待っていたのねぇ。
 先日、アイデアスケッチをチラリズムしたお久しぶりのプレミアム鼻ぶらりんは「1ツ目小僧」です!キラリ1ツ目輝きます。
そして、衣装はありんこ天国オリジナルテキスタイルで作った浴衣です。
カゴバッグにぶら下げればいつでも1ツ目が見上げ、見つめ夏気分も最高潮。睫毛もバシバシです。



 1ツ目ぶらりんは、7月8月の下界に連れて行きます。まずは、今月14日(金)から19日(水)月の山カフェ&ギャラリーに登場です。
 長い間、ありんこ天国をご贔屓にしてくださっているヒトにはお馴染みの月の山。久しぶりにグループ展で下界致します。その名も「2017 おでかけモード展」。月の山は、わたくしが居住する滋賀県にあるのですが、電車を使う身としては同じ滋賀からでも気合を入れて行かなければならない交通の便ではありますが、行けば長居してしまうこと間違いなしの心地よさとお洒落さです。
 オーナー作家のはしずめのりこさんが作るランチプレートやケーキもとにかく美味。緑豊かなお庭に目が心が喜びます。お車運転されるヒトはドライブがてら、電車のヒトは暑さ対策をしっかりして坂道登っていらしてください。
価格も決まり次第、お知らせ致します。
 三段チャックは、名前の通りチャックが三段になっています。それぞれ、ポケットになっていて、深さは1番下がわたくしの人差し指第1関節位でその他はわたくしの人差し指第2関節位です。
あえて深いポケットは作りませんでした。だって、下の方、つまりお腹に溜まるとなんか、
「胃もたれが~」なんて文句言われそうだし。三段に。

 わたくし、1人(なのか?3人なのか?)は机の引き出しに忍ばせています。

 USBメモリ、カードリーダー、そして、ゆうちょ銀行のワンタイムパスワード生成機を大事に仕舞って貰っています。重要な任務を負った三段チャック。心なしかお顔も締まっています。

 話は変わりますがわたくしの机。  小学校入学時に購入して貰ったモノなのですが、大人仕様の黒いスチール机です。幼いときは、皆が持っているような子供の学習机を羨ましく思いました。わたくしが子供の頃は、今の学習机より装飾がなされていて、例えばアニメのキャラが描かれていたり。しかし年を重ねるに連れ、この大きくてシンプルなスチール机で良かったと思えるようになりました。
 思えば幼いときから何かと子供じみたモノを与えて貰えませんでした。とにかくアニメプリントのものは絶対買って貰えない。靴も、ビニールのスリッポン、女の子はピンクでアニメキャラプリント、男の子はブルーで戦隊キャラプリントが全盛だったのですが—今、見ないな—、キャンパス地のスニーカーを穿かされていました。幼い日々は嫌だったけれど、それら全て、スッキリ格好良かったのです。おもねらなかったね、両親。子供に。
 逆を言えばしかし、親に「アレが欲しい、コレが欲しい」と言えない、親の顔色を伺うコドモでしたけれど。モノゴトて、表裏一体ですね。

三段チャックのご購入はこちら
 ズルズルT-シャツが沢山できました。

お顔をまず沢山描いて、


 働き蟻Mさんが、ズルちゃんをT-シャツに一心不乱に縫い付けて、再びわたくしが爪痕を残して出来上がります。

 お子さま90サイズから、大人のXXLまでご用意あります。
ネットショップではお取り扱いないのですが、下界時には必ず連れていくアイテムです。
次回の下界は4月26日(水)から5月2日(火)までの1週間、お久しぶりの京都タカシマヤ4階西エスカレータ下り側前です。
黄金週間前半は、ありんこ天国でお過ごしください。一同お待ちしております!

 ありんこ天国オリジナルプリント生地第3弾のデザインがやっと、仕上がりました。
今回は初めて、生地の販売をするコトにしました。
オンラインショップのみ、しかも13日23時59分までの期間限定での販売です。
どうぞこぞってこちらをご覧ください。
例によって、読むだけで楽しいページになっています。
カラーバリエーション下の名前をクリックして、画像はもちろんですが、生地についてのお話も読んで欲しいです。
 あとね、あとね、メルマガ登録オススメです。このような新しい情報・下界情報が、見逃すことなく届きます。
まぐまぐ!から移行しておりますので、まぐまぐ!にて登録いただいているヒトも新たにこちらで登録しなおしてくださいませ。

<12月30日付け記事のつづき>
 ドロドロドロドロドロ(ドラムロール)ジャンッ
ありんこ天国オリジナルマスキングテープです!
 ありんこ天国ネットショップで税抜き7000円以上お買い上げのお客さまにはこちらのマステを差し上げます。

 この画像の鼻ぶらりんは、ネットショップ限定の、みんな大好きヒョウ柄です。小鼻ぶらりんも、居りますよ。
 ポーチは「パカリズムL」のギンチャクです。マスキングテープが溜まっちゃって、というヒト、パカリズムなら、テープの量に合わせてSとLが選べます。

 お正月はゆっくり、ありんこ天国でネットショッピングをお楽しみくださいね♪

「鼻ぶらりん」の購入はこちら
「パカリズム」の購入はこちら

*マスキングテープが出来る前に7000円以上お買い上げ頂いたお客さまには年末、発送しております。10日になっても届かないようでしたら、ご連絡くださいませ。
 ただの黒いトートバッグも、赤くて小さなポーチをぶら下げるとあら不思議。ちょっと目を引くではありませんか。
こちらのちっちゃいポーチは「ウケグチヌス」と言いまして、中を開けるとキーフックが4つ内蔵されています。鍵を収納できる訳ですが、キーケースにした場合は、このように鞄の外に装着するのはお勧めしません。落としてしまったら大変ですから。アクセサリーとして使う場合は万が一、落としてしまっても心折れないモノを収納してくださいね。
 あと、ウケグチポケットが「あ〜ん」してくれますよ。
14657280_862930267175566_8734512287992186178_n
ウケグチヌスのご購入はこちら
 ネットショップを作るにあたり、それぞれの住人達に入れるモノの例題画像を撮りました。
 どういう風にしようかなぁ、と考えていたときに、黒板塗料を知りました。塗ればソコが黒板になるという塗料です。チョークで書いて消してすれば、例題画像に使えるんじゃない?ということで、隣駅のホームセンターに赴き90cm角のベニヤ板とターナーのチョークボードペイントを購入しました。チョークペイントは袋に入れて、ベニヤ板は店員さんに紐を付けて貰って小脇に抱え、エッチラオッチラ徒歩と電車で帰る途中のことです。
 ホームで女性の声が、
「すいませーん。」と聞こえてきました。振り向くと、わたくしめがけて走っていらっしゃいます。
「付いていました。」と、わたくしの背中からテープを取って渡してくださったのです。見ると、ホームセンターの会計済みテープ。ベニヤ板に付けたモノがわたくしに張り付いてしまったようですが、あらら。わたくし、ホームセンターに売られていたのかしら?笑いながらお礼を言いました。なかなかこういうの、言ってくださる人いらっしゃいませんよね。わたくしも見かけたら、取って差し上げましょう。
 話が逸れました。
 そうやって持って帰ってきたベニヤに3回、塗料を重ね塗りしてできた黒板。当初の例題画像以外にもチョコチョコ使って写真を撮っています。ただ、本物の黒板と違って所詮はベニヤ。木目があるのでチョークを消しても真っさらさらの綺麗な状態には戻りません。
 うーん。普通に黒板を買ったほうが良かったか?
と、思ったのは事実です。が、あのときは、塗って黒板を作るという行為の楽しさに心奪われまくっていて、出来合いの黒板を購入するという考えが全く浮かばなかったのです。そして、その行為はとっても楽しかったのでした。

 ということで結論は、買うより時間はかかるし、表面フラットな市販の黒板の綺麗さはないけれど、作った楽しさに軍配を挙げることにします。そしてまた、余った塗料で花瓶を作ろうと目論んでいます。作ったらまたご紹介しますね。

三段チャックのご購入はこちら