オリジナルプリント」タグアーカイブ

 3月になりました。  お雛様、まだ出していません。家人が。だいたい例年3月3日に出して、4月3日に仕舞います。家人が。そりゃ、嫁き遅れるワヨネ。わたくしが。

   下界しまーす!

 3月8日(水)~14日(火・ホワイトデー) 大阪タカシマヤ5階 中央エスカレーター横

 3月18日(土)~20日(月・春分の日) OSAKA ART&HANDMADE BAZAAR VOL24 於:大阪南港ATCホール にも下界します。
ブースナンバーはMS-74。
ちょっと、このMS=ミニスペシャルというブースが集まっている区画からハミゴになっている場所なのですが、見つけてくださいね。

 そして、待っていました、わたくし。
 新しいオリジナルプリント生地が仕上がって参りました!
生地のご注文頂いているお客様には改めてメール差し上げます。
 今月の下界から、一部この新しいプリント生地を使った住人が登場します。オーダーも受け付けますので是非、足をお運びくださいね。 お待ちしております。

 新しい、ありんこ天国オリジナルプリント生地、あなたの一番はどれ?
まずは特設サイトを御覧ください。 一番多かった生地に投票してくださった人の中から抽選で3名様に、生地の柄の絵葉書セットを差し上げます。
 2月12日23時59分まで受付け。生地の通販は、2月13日23時59分までです!
投票は jyoou★arinkotengoku.com (★を@に変えてください)
タイトルを「総選挙」にして、布の名前と、あれば好きポイントを書いて送ってください。
抽選に当選された人には改めてこちらからメール差し上げます。
 では、投票お待ちしております!

 ありんこ天国オリジナルプリント生地第3弾のデザインがやっと、仕上がりました。
今回は初めて、生地の販売をするコトにしました。
オンラインショップのみ、しかも13日23時59分までの期間限定での販売です。
どうぞこぞってこちらをご覧ください。
例によって、読むだけで楽しいページになっています。
カラーバリエーション下の名前をクリックして、画像はもちろんですが、生地についてのお話も読んで欲しいです。
 あとね、あとね、メルマガ登録オススメです。このような新しい情報・下界情報が、見逃すことなく届きます。
まぐまぐ!から移行しておりますので、まぐまぐ!にて登録いただいているヒトも新たにこちらで登録しなおしてくださいませ。

 ポーチや鞄の中に使っている柄布。以前は市販のモノを使っていました。面白い生地を探し出す能力にはどうやら長けていたようで、同じ店にお友達と一緒に行っても、
「そんな生地あった?」と言われたりして。
 アメリカの生地を使うコトが多かったのですが、リーマンショックのときは水玉とストライプしかない位、オーソドックスな柄が幅を利かせ、困ったなぁ、と思ったものです。そんな中ふと、思ったのです。

   これらの生地は全部、他人のデザインなんだなぁ
わたくし、絵を描くのも好きなんだから、オリジナルの生地を作りたいなぁ

 今は、パソコンでデータさえ作ることができればオリジナルの生地は作ることができますから「作っちゃえ〜」となりました。検索すると何件か、プリントしてくれる会社がヒットし、
・プリントできる生地が豊富
・生地を大阪の会社で見ることができる
という点に惹かれて決めた会社がテキスタイルネット。連絡を取ってショールームにお邪魔すると、待っていたのはなんと、鼻ぶらりんをご購入頂いたことコトがあるお客さまだったのです。とてつもない偶然。もちろん、彼女はわたくしからのメールで気付いておられました。お客さまを覚えれないわたくしですが、彼女のコトは覚えていて、生地選びもとても楽しく終えるコトができました。打ち合わせが終わると彼女は、
「ちょっと上司呼んできますので、待っていてください。」と仰いました。あらら、ご挨拶ご挨拶、唐突で緊張しちゃうわ、と思っていたら登場した上司へのご挨拶もそこそこに彼女は彼に言いました。
「ありんこさんとの2ショット写真を撮ってください。」ええっ、そこで上司を使うの?とびっくりしつつ、仲がいいんだなぁ、と感じた面白体験もしました。ウフフ

 そんなオリジナルのプリント生地の第2弾が、この通販サイトではフィーチャーされています。全7種類の生地の紹介を以下に致します。

opqueens-vehicle
「女王公式乗り者」
 「乗り物」ではなく「乗り者」です。
 わたくしが天国内で移動するとき、公式に乗る者です。ネバーエンディングストーリーのファルコンを連想しますよね(強制)。青空に架かる虹の中を行くわたくしと、雲から顔を出す乗り者がメルヘンな一品です。
 が、こう見えてわたくし、かなり必死にファルコン的な公式乗り者のツノを握りしめ内股に力入れて乗り者の胴体を挟んでおります。荒いのですよ、飛行が。振り落とされては堪リません。でも、空を飛べたらねぇ、それは気持ち良くてスピード出ちゃうだろうし、山をひょいと華麗に避けたくもなりますよねぇ。分かります。が、そういう飛行はプライベートのときに愉しんで欲しいものです。と、言っても聞かないので、握力と内腿を鍛える日々です。

opface-dot
「顔水玉」
「えっ、水玉?」なんて言わないでね。小さいお顔が散った、れっきとした水玉です。
ディープピンクの地に黄色が散りばめられる、コントラストが効いた色合いは、わたくしの得意とするトコロです。顔のカタチや表情も様々で、中には白目剥いているお顔もあります。退屈なときは、にらめっこするのも良いですね。

opbeamer
「ビーマー」
 目・鼻・口からビームが出て、ふたつのお顔を結びつけています。エクトプラズムでしょうか。あるいは、運命の赤い糸でしょうか。赤くありませんが。さらに通常は、小指同士を結びますが。
 濃いグリーンの地にオレンジの顔とレモンイエローのビームが浮き上がる妖しい柄です。

opfree
「フリー」
 普段の落描きを布に落とし込みました。沢山の生き物が闊歩し、所々に文字も書いてあります。手の赴くままに描いているとよく出てくるモチーフがあります。丸に点や雨粒、眼、意味のない線・線・線。それらがこの布にも詰まっています。今、下界時のテーブルに敷いている布は、手描きの布で、元は30mの布に延々描いたモノをカットして使っています。それを褒めてくださるお客さまが多いので、気を良くして描いた柄です。それにしても今はもう、30mの絵なんて、描けないような気がします。
ベージュの地にして、持ち歩いているクロッキー帳の感じを出しています。

opmittuami
 「ミッツアミー」
 髪と尻ッポを三つ編みに編んだオシャレさんです。赤いリボンも自分できれいに結びます。所々に転がっている、リンゴのような赤い果実はミッツアミーの好物です。趣味はお散歩。気付くと8kmとか歩いていて、帰るのが面倒臭くなってしまうこともしばしば。そんな時は、野宿です。おしゃれでワイルド。憧れますね。
 茶色の地にデスラー総統のような青い肌。そして金髪。

opsea-anemone
 「ギンチャク」
 イソギンチャクのようなお花のような柄で、ボタニカル。とも言えなくない柄です。このような曲線美(?)なカタチは手が勝手に描きがちです。曲線美といえば、ご多分に漏れずガウディが好きです。実際に観て、お触りしたいです。
 抹茶ミルクの地に紫と、下地より濃い黄緑のギンチャクがゆらゆらしています。

oplonges
 「ロンゲズ」
 ロン毛です。
 舞踏団です。
 ロン毛をうねらせながら舞います。お手入れ万全、月1回のトリートメントは欠かせません。ツヤッツヤの髪の毛が、彼らの唯一の衣装です。
 炎のようなほとんど赤のオレンジ色を背景に、ロン毛が色んなスタイルで舞います。

 これらの柄生地、中布に使うだけではなく表にも使いたい、と思って作ったのがパカリズムです。
パカリズムのご購入はこちら