女王蟻の宮殿」カテゴリーアーカイブ

ミネット・ウォルターズ著/成川裕子訳 創元推理文庫
※ありんこ天国のブックレビューは基本、ネタバレです

 谷に牙と書いて、こだまと読むのですって。
 それはさておき。
 読み終わってまず思ったのは「わからん・・・」でした。ミステリーですが、解決したと言えるのかすら、わたくしにはよく分からなかったのです。
 「結局、どうなるんだアマンダは?」
 そのまま、訳者あとがきを読むと、
『アマゾンコムの読者書評欄に寄れられた感想にも、contorted’ convoluted’ confusing などの単語が数多く見られる(どれも、複雑な、入り組んだ、ややこしい、くらいの意味だと思ってください)。ー中略ー「頭が痛くなりたかったら、本書をお読みなさい」と薦める人もいるほどであるー後略ー』
とあり、「なんだー、特別わたくしの頭が悪いて訳ではないんだー」と、安心した次第です。しかし、分からなかった=つまらなかった、ではないのがこの小説の不思議なトコロ。分かりたい一心で、読み終えた直後に再び、読み直すコトにしました。数年経って読み返すコトはあっても直近で、読み返すのは初めてです。

 物語自体のややこしさはいいとして、わたくしにはカタカナの名前が覚えられない、というハンディがあります。いやあなた、日本人の名前も覚えられないではありませんか。と、突っ込まれたら確かにそうなのですが、カタカナの名前はより輪をかけて、覚えにくいのです。
 この物語には、要の失踪人/ジェームス・ストリータートとピーター・フェントンが出てきます。1読目は、
・どちらがアマンダの旦那だっけ?
・どちらが謎のホームレス/ビリー・ブレイクに似てるんだっけ?ん?どっちも??
・スパイの容疑がかけられているのはどっちで、浮気疑惑があるのはどっちだっけ?
と、とにかく2人の区別が付けられないまま、物語を読み進め、読み終えてしまったのでした。そんな中、スキンヘッド・ホームレスの少年テリーは魅力的と言ってもいいかな(かなり上から)、という存在で、謎を追う主人公ディーコンの、実力派ながらパッとしない外見といけてない性格がちょっとだけチャーミングな感じがしないでもない(かなり上から)中年記者っぷりが、わたくしを2読目に駆り立てたのだと思います。

 2読目で相関図も多分理解できたと思われます。意外なトコロ で人と人とが繋がっていたりもして、世間は狭いのです。そして多くの コトが、ただただ偶然のようにも思えます。偶然居合わせてしまった殺人現場と偶然拾った新聞記事。弁護士達は奇遇にも関係者がクライアントで。偶然の殺人と偶然に見せかけた殺人。わたくしが偶然だと思うコトをテリーは運命だと言います。偶然=運命。そして運命は2つの失踪事件をビリーを通して結び付けてしまうのです。
 最後まで正体を明かされないフェリシティ・メカトーフはジェームスの愛人なのだろう、と予測します。名前を変えた彼女はずっと、ジェームスを待っていました。そして、ジェームスを殺したアマンダは、無罪を勝ち取る予感がします。
 そう、アマンダ。
 わたくし、小説や映画では美人に肩入れしがちなのですが、このアマンダにはなぜか、のれませんでした。美人なだけでは心惹かれないモノなのですね。

 ちなみにこの著者は、ありんこ天国の本の服を選んでくださったお客さま推薦の作家です。「女流彫刻家」を筆頭に挙げられ、初期の作品を勧められました。そして初期作品であるこの本をチョイス。女流彫刻家も読んでみます。美術系の小説には、ワクワクしてしまいます。詳しくはないクセに。

ブックカバー「本の服」の購入はこちら
 セルフネイルです。
 購入してからあまり使っていませんでしがた、ジュルネイルの道具を一式、所有しております。先月、お友達の結婚式当日朝にアタフタ・バタバタと久々に塗ってみたら楽しくて。今回は、キラキラのゴールドを下地に塗り、上からクランベリーピンクという、ちょっと紫が入った赤をムラムラになるように重ねてみました。クリスマスを意識したのですけれどね。多分言わないと、気付いて貰えませんね。
 色が付いていると、目に入るコトが多い指先、気分がうきうきします。乙女だなぁ、と感じる瞬間です。
 ネットショップを作るにあたり、それぞれの住人達に入れるモノの例題画像を撮りました。
 どういう風にしようかなぁ、と考えていたときに、黒板塗料を知りました。塗ればソコが黒板になるという塗料です。チョークで書いて消してすれば、例題画像に使えるんじゃない?ということで、隣駅のホームセンターに赴き90cm角のベニヤ板とターナーのチョークボードペイントを購入しました。チョークペイントは袋に入れて、ベニヤ板は店員さんに紐を付けて貰って小脇に抱え、エッチラオッチラ徒歩と電車で帰る途中のことです。
 ホームで女性の声が、
「すいませーん。」と聞こえてきました。振り向くと、わたくしめがけて走っていらっしゃいます。
「付いていました。」と、わたくしの背中からテープを取って渡してくださったのです。見ると、ホームセンターの会計済みテープ。ベニヤ板に付けたモノがわたくしに張り付いてしまったようですが、あらら。わたくし、ホームセンターに売られていたのかしら?笑いながらお礼を言いました。なかなかこういうの、言ってくださる人いらっしゃいませんよね。わたくしも見かけたら、取って差し上げましょう。
 話が逸れました。
 そうやって持って帰ってきたベニヤに3回、塗料を重ね塗りしてできた黒板。当初の例題画像以外にもチョコチョコ使って写真を撮っています。ただ、本物の黒板と違って所詮はベニヤ。木目があるのでチョークを消しても真っさらさらの綺麗な状態には戻りません。
 うーん。普通に黒板を買ったほうが良かったか?
と、思ったのは事実です。が、あのときは、塗って黒板を作るという行為の楽しさに心奪われまくっていて、出来合いの黒板を購入するという考えが全く浮かばなかったのです。そして、その行為はとっても楽しかったのでした。

 ということで結論は、買うより時間はかかるし、表面フラットな市販の黒板の綺麗さはないけれど、作った楽しさに軍配を挙げることにします。そしてまた、余った塗料で花瓶を作ろうと目論んでいます。作ったらまたご紹介しますね。

三段チャックのご購入はこちら