女王蟻の宮殿」カテゴリーアーカイブ

 下書きで寝かせてしまっていた記事。この後も数冊読んでいますがせっかくので、出す。

 「雪の香り/塩田武士」
 ここのところ、塩田武士。
「罪の声」が話題になって知った作家だけれど、罪の声はまだ、読んでいません。4冊目の塩田武士が「雪の香り」。この日は読書の日と定めていて、そういう日は1日中本を読んでいます。3冊ほど読むでしょうか。「雪の香り」を読み終わったとき、読書の日の時間はまだあったけれど、もう物語を入れたくない、と読書を止めました。読み終えるのが惜しくて、一文字一文字、音読するように丁寧に読む本は今まであったけれど、他の本を読むのがイヤだと思った本は初めてかもしれません。読み始めは、時間を捉えにくく入り込みにくかったのに、どんどん引き込まれて行きました。雪乃の感じに、あぁこういう女性を好きな男性ているよね〜、と横目で見たりもしましたが、恭平との掛け合いは面白いです。あと、レバニラ炒めをウスターソースで作るとそんなに不味いのか試してみたくなります。小説もドラマも、結びでがっかり、とまではいかなくても尻すぼみな印象を持ちがちなわたしですが、「雪の香り」は嬉しさにただ気持ちを漂わせていたくなりました。余韻。優しい余韻。一応、ミステリーと銘打っていますがラブストーリです。自分がこんな、あまあまなラブストーリでも「いいなぁ」と思えるのは意外でした。あと、雪の香り=ミントと柑橘が混ざった香水も、気になります。

 「チア男子/朝井リョウ」
 踊りたい。わたしも踊りたい。跳びたい。わたしも跳びたい。こういう青春スポーツものは、あまり熱を持たない人生を歩んできているわたしにはちょっと、羨ましいのです。笑って喧嘩して泣いて食べて祈って恋をして。いいよねぇぇ。しかもチア。人を応援することに点数を付ける、てのも変わった競技。チアてがっつり見たことはないけれど、華やかで笑顔で見ているとつられて、元気になれる。他のダンスとは確かにちょっと違います。アメリカ青春ドラマだと、スクールカースト上位女子生徒の部活ですが、この小説では運動苦手なおでぶちゃんもいるし、そもそも男子。
 ああ。
 思い出した。昔、バイトをしていた現場が大阪マラソンのコースに近くて、社長が、
「応援に行こう!」と言いだし沿道に行ったのです。わたしはずっと、無言で目の前を走る人達を見ていたのですが社長が、
「なんか言いぃや。」と仰いました。がんばれー、とか、と。声援を送るなんて、全く思いもよらなかったコトを提案され、ビビリました。何て叫べば良いのか分からず結局何も言わず見ていたのですが。応援、というか声援を送る、というのも1つ、自分の殻を破らなければできないコトなのですね。全然知らない人だけど一生懸命やっている人に声援を送れるヒトビトは、チアの才能があると思います。社長もチア男子。Go!Fight!Win!

 「レヴォリューションNo.3/金城一紀」
 作家仲間からオススメしてもらった本。は、No.3ではなくてNo.0、つまり「レヴォリューションNo.0」だったのだけれど、図書館の書架にあったのはNo.3だったのでまずは、こちらを読んでみました。高校生男子の物語。チア男子同様、羨ましいなぁ、と思う。バカな男子のその情熱が、羨ましい。わたしの高校生活、地味だったなぁ。

 「まどろみ消去/森博嗣」
 森博嗣は大学生の頃から好きで読んでいます。まどろみ消去はミステリー短編集。不思議でちょっとコワい。殺人なんて、ちょろっとやっちゃうモンだよね!て思いそうになり、いや、そんなことないよね!と思い直す。

 「あの女/真梨幸子」
 あの女、ですよ。タイトルが。小説家の、あの女とあの女を軸に、阿部定も絡みつつ。完全に騙されていました、わたし。植物状態になっても意識、あると思います。
 そういえば、いつぞやラジオで聴いた話。とあるラッパーが、植物状態とまではいかなかったかもしれませんがとにかく、意識がない状態で長期入院を余儀なくされたそうなのです。入院中、母親が良かれと思ってずっと、喜多郎を流していました。しかし、意識がないと診断されながらも彼自身にはずっと意識があり、その音楽止めてくれ〜!と切願していたそうな。我々が認識できる意識が戻った故、聞けたお話ですね。ラッパーの息子にはやはり、ラップをかけてあげるのが正解のような気がしますが、喜多郎を止めたいという思いで、意識が戻ったのかもしれないので、物事は分かりません。

 「マジシャン/松岡圭祐」
 言ってみりゃぁあの男、です。悪人て、いるものですね。

 ・・・実はこの本だけ全く、下書きってなかったので、印象がもう遠くになっています。遠くになっているけれど、それはわたくしの記憶というものが実になっていないからであって、この小説がつまらなかったという訳ではけっしてありません。とにかく、酷い!この男!と思ったのです。自分を信じている少女を平気で殺そうとするヤツなんて、人じゃねえ。まんまと交わされて、ざまあみろだわーい、わーい!と、思ったことを覚えています。
 「a.depeshe」というお店に行ったとき見つけたスイッチプレート。
なんと、鼻&小鼻ぶらりんをぶら下げる為のバーが付いているではありませんか。
これはもう!
ということで、購入・取り付け・ぶら下げ。
丁度、スイッチプレートが劣化していて汚かった’制作の間’に。

 スイッチを触る度、プレミアム鼻&小鼻ぶらりん*多肉ちゃんと目が合い思わず、微笑んでしまいます。スイッチプレートごと、オススメです!

多肉ちゃんの通販は12月15日23時59分まで。数にとっても、限りがあります。
プレミアム鼻ぶらりん*多肉ちゃんはこちら
プレミアム小鼻ぶらりん*多肉ちゃんはこちら
 植物は明るくないので何の種類か解らないけれど
 比較的大きな綿毛が1つ 
 舞っていた
 地下道をいくわたくしを先導するように

 しかし徐々に高度を下げていく綿毛
 地下道に落ちるのは何だか不憫で

 わたくしは歩を早めた
 そうして
 綿毛はわたくしのジーンズに引っ付かせる
 地上に出る綿毛とわたくし

 しばらくして見ると
 綿毛はもう無かった

 わたくしに引っ付いて少しは
 当初の予定より遠くに行けただろうか
 あるいはもっと、遠くへ行きたかっただろうか
 芽吹け!綿毛
先日、CTを撮りました。子宮筋腫を摘出後、定期的に検診を受けているのですが、前からある筋腫がちょっと大きくなっているからMRIを撮りましょう、ということになり撮ったのですが。筋腫とは別に、子宮の横に正体不明のモニョモニョしたモノがあると仰るのです。で、更に詳しく診るために、CT。造影剤を点滴しながらのCT(レントゲン)。 4時間前から絶食で、検査は16時20分から。12時から絶食いうコトですね。早お昼しようかと思ったけど、作業が乗っていたので結局、朝食後から絶食でした。3食きっちり食べる派ですが幸い、空腹にはならず。密やかに緊張していたのでしょうか? そして着いた待合室にはわたくし1人。テレビが付いていたのですが消して、本を読みながら順番を待っていたら、男性が待合室に入ってきました。 あ。 テレビ観たいかなぁ。点けていいよぉ。と、思うものの、テレビの真ん前に陣取って本読んでいるヒトがいたら点けづらいよねぇ。早く看護師さん呼びにきてくれないかなぁ。と、待つわたくし。 そしていらっしゃった看護師さんと共に、CTのお部屋へ。TOSHIBAのでっかいCTが鎮座しています。TOSHIBA大変よねぇ、等とうっすい思いを馳せます。 ベッドに横になり、まずは造影剤なしで撮影。次に造影剤を入れての撮影です。腕に点滴を打ちまず、 「試しにお水入れますねー」み、みず?水とか、入れちゃうんだ。 「痛くないですか?」 「大丈夫です。」なんてやりつつ。水、侵入。 「では次、造影剤入れていきます。身体が暖かくなりますが、それ以外で異常があれば言ってくださいね。」そして初造影剤が。直に喉と下腹部があたたか~く、なっていきます。 うわぁぁぁ て、感じ。内側からぽや~ん。温泉が満たされていくような。でも造影剤、ごくたまに死ぬらしいからぽやぽやしているだけではままなりません。 が、わたくしには何も起こることなく無事、撮り終えました。ベッドから立ち上がるとき、左足を温かい水が流れたような感覚があったので、 「漏らした?!あるいは造影剤が垂れてきた??!」と、焦りましたが、マボロシ感覚だったようで、足には何も流れていませんでした。本当に良かったです。 ところで注射針を打たれたトコロに脱脂綿とテープを貼るとき看護師さんは、 「いつもより太い針を射したので、5分位しっかり押さえておいてくださいね。」と仰いました。どれくらい太かったのか見たかったです。わたくし、注射や血を採るときの、腕に針が刺さっていく様子は注視するのです。今回はベッドに寝かされてからの注射だったので見られなかったのですよ。残念でした。 さて、もにょもにょの正体は何なのでしょう。除去する為、開腹手術にならないと良いのですが。あるいは、うんこピンだったらちょっと、恥ずかしいな。いや、お医者さま、うんこピンと筋腫の区別はつきますよね?・・・きっと。
 先日、佐川美術館にアルフォンス・ミュシャ展~麗しきアール・ヌーヴォー~を観に行って参りました。この前、東京でしたもの、とは別もので、東京の目玉だったスラブ叙事詩は最後のゾーンで写真での紹介。無くてもよくない?て、感じでした。

 でも、展示自体は美しい女性達に囲まれて、満足。びっくりしたのは、TOP画像にした、ミュシャのリトグラフ作品ではなく元は写真なのですが、サラ・ベルナールの髪飾り。リボンの上にコウモリがいるのです。生きてないと思うし、かと言って死体はヤだし。精巧に作られた紛い物であって欲しい・・・。
 ポスターに描かれている女性は、繰り返しになりますがとても美しく、魅惑的。衣装や額や窓枠のように描かれている部分まで、曲線で彩られています。

なんか、笑ろとるで〜、な怪物が、サラの衣装に描かれていて思わずスケッチ。

 美女の他に、装飾資料集も多数展示されていました。花も道具も子供も文字も、「そりゃ、美術館系の学生のバイブルになるわね」というビジュアルで描かれています。
 パッケージデザイン作品では香水が欲しさ絶頂。モノを買う、ていうのにパッケージはとても重要な位置を占めるな、と改めて思いました。その他、コインや紙幣も展示されていて、当時の、ただの流行デザイナー以上の存在だったのだなぁ、ミュシャ。紙幣には、ちょっとメモるの忘れたのですが、誰か偉いさんの娘をモデルにした、というのも確かあって、この世の人を、しかもそんな個人的な?と思わんでもなかったです。ミュシャは、公共の仕事をほとんど無料で仕事を引き受けたらしいけれど、さらに自分の娘が紙幣になったら、そりゃもうお父さん、小躍りしちゃうね。

   8月下旬、絽の着物ももう最終、ということで、アール・ヌーヴォーぽい着物で出かけました。
まだまだ暑い日があるでしょうけれど、夏の終わりの1日。
 ところで、夏着物を丸洗いに出します。楽天で、シミ抜き込み3000円代というのを見つけたのですが、安すぎて不安。オススメの業者がある人はご紹介いただけません?
 先ほどラジオを聴いていて今日が911だったことに気付きました。
聴きながら、もう16年も経つのか、と思ったのですが気付いて暫く経った今、あのときの映像が蘇り、泣けてきます。

 あのとき、それでも戦争は嫌だと思いました。報復をしてはいけない、と思いました。それで作った缶バッジが画像のモノです。戦争はダメ、というのは簡単です。でも、家族や恋人や友人や、とにかく愛する人を殺された人達に、復讐してはいけない、というのは酷なのかもしれない。わたしには大切な人を殺された経験がないから、あるいは、信じるものを否定され続けた経験がないから、復讐はいけないとか、戦争もテロもダメとか言っても「所詮、経験のないヒトが言うキレイゴトやん」と言われればそれまで。

 でもね、それでもやはり、戦争はしてはいけないと思うのです。それならもう、「戦わない」というのを生きる前提にしてしまえばいいのだと考えました。軽やかに、押し付けず「戦わへーん」とスキップして生きたいのです。あなたも一緒にどう?とひたすら、軽やかに。

 今も、そしてこれからも、戦争とテロは絶対に嫌です。どちらも、市井の人を殺す行為です。正当な理由など、あり得るはずがないのです。
 Stand Up Paddleboard略してSUPに行ってきました。
 初めてのSUP。理想はこんな感じだったのですが。
 行った日は台風の影響で波が立っていました。なので、こんな感じで乗りこなしました!
 ウソです。
topの絵のように、ほとんどボードの上に座って漕いでいました。
体験コースとしてはやはり、クルージングタイプ推しなのですが、波が立っているので、
「今日は波乗りをしましょう。そして次、普通のをやりに来てください。」とインストラクター。
ということで、波が来たときインストラクターがボードを押してくれて、


上に立つ!そして波に乗る!つもり!だが乗れず!でも諦めずになんとかバランスを取って立ったままいる!と、次の波に乗れたりする!と、びょーーーー、と進める!


 が、そんな2度目の波に乗るのも困難で、乗れたかな?というのは2回だけでした。半日やって。インストラクターに言われたのは、 「君は、波に乗れなかった後がいいね!楽しんでる」と、どう受け止めていいのか分からないコメントを頂きました。が、確かにいつも常に、楽しかったよ。次は是非、普通のSUPを。

 残り5人!プレミアム鼻ぶらりん「1つ目」9月20日まで期間限定通販中
 見知らぬ男に、しかも、会ってから数分しか経っていない男に、膝を開くのは。
さらに、朝の10時に、そんなコトするのは、何とも表現しづらい乙女心です。しかし、子宮筋腫の手術を2年前に行ってからの定期検診ですから仕方ないのです。

 約一年ぶりの検診。
 今まで診てくださっていたビッグバン先生。もちろん、本名ではありません。ちょっと変わった漢字のお名前で、キラキラネームだったらビッグバンと読ませるな、と、勝手にそう呼んでいました。もちろん心の中で。今日も、ビッグバン先生だと思っていました。久しぶりだけど元気かな〜、なんて、会うのをちょっと、楽しみにしていたのです。が、診察室の扉にかかっている見知らぬ名前。呼ばれて入ると、見知らぬ男。
「誰だ、お前?!」
とは、言いません。ビッグバン先生は、移動になったそうです。思わず「どこへっ?!」と詰め寄りそうになりましたが、考えてみたら移動になったとてその病院に変えるほどの執着はないので、黙ります。そういう訳で、朝の10時から、初めて会う男に向かって、ウイーーン、と膝を開く羽目になった訳です。
 ウイーーン、というのは、変な椅子に座らされるのですよ。下半身マッパになって。その椅子は、膝から下を片足ずつ載せるようになっておりまして。診察までは両足揃った状態で座れるのですが、いざ診察となるとスイッチが入れられ椅子が上がり、両足がウイーーンと開かれるのです。そして、座面部分の前半分が下がります。初めてアレに乗ったときは、恐怖以外のなにものでもありませんでした。回数こそ重ねたものの、その無防備さと間抜けさと恥ずかしさは、っっっとに、どうにかならんものかと思います。
 で、今日は靴下を履いていたのですが、靴下を脱ぐか脱がないか、迷いました。結局履いて診察椅子に座ったのですが。下半身丸出しで靴下。しかも、気球柄のPOPな靴下て、間抜けさが倍増だったかも。という、お話でした。

 只今9月20日23時50分までプレミアム鼻ぶらりん「1つ目」通販中です
 タイトルとは異なり昨日今日と、涼しいですけれどね。  大倉崇裕著「やさしい死神」を読んでから、落語を聴きに行きたくてたまらないわたくしです。もう数年、行ってないなぁ。

 こちら、シリーズになっていて「やさしい死神」は第3弾。前2作も既読で、内容は例により覚えていませんが、面白かった。です。「やさしい死神」は人情話なミステリーが5編、収録されています。もちろん、落語に詳しくなくても無問題(モーマンタイ)。ただ、読めば落語を聴きに行きたくなるはず。出てくる話は
口入屋
桜鯛
宿屋仇
三文起請
つる
花見の仇討ち
子別れ・下 子は鎹(かすがい)
富久
宿屋の富
親子酒
 あと、落語ではないですが「紙切り」が出てくるので、この芸も見てみたくなることでしょう。わたくしは見たいぞ。

 落語を初めて聴いたのは、高校の校外授業でした。誰が演じたのか、内容はどうだったのか、全く覚えていません。唯一覚えているのが、学校から会場まで歩いて向かっていたときのこと。
 友達が筒状のものを持って歩いていたですがーーーそれも何だったのか覚えていませんーーーそれを見たクラスメイト男子が、
「それ、ざこばのポスター?」と言った、ということのみ。聴きに行ったのは米朝一家・・・じゃない、米朝一門だったのでしょうか?実際ざこばの落語を聴いたのでしょうか?とにかく残念ながらそのときは、全然心惹かれなかったのです。

   それから数年も数年も数年も経ったころ、桂歌之介さんの落語を聴き、その面白さに心がキャーキャーしてしまったのです。その後、何回か他の落語家さんを含め聴きに行ったものです。丁度その頃、大倉崇裕の落語シリーズを図書館で見つけ、読みました。小説に落語。好きなもの×2。
 その後うっかり、落語を聴きそびれておりますが、うーーん、また、寄席に行こう!
 あと、大倉崇裕の著書では落語と全く関係のない福家警部補シリーズも好きです。ウィキで調べたらオチケンシリーズもあるとか。落語研究会とな。コチラも読まなくては。聴いて読んで。違う世界に訪問しまくりたいものよの。

 只今9月20日23時59分までプレミアム鼻ぶらりん「1つ目」特別通販中です