女王蟻の宮殿」カテゴリーアーカイブ

 ペンタブのペンの芯がだいぶん、短くなっていたのでちょっと伸ばそうと思っただけなのです。
適当に、この繋ぎ目外したらいいのかな〜?とスポッとしたら。
どうやら、開けてはならぬ場所だった模様。

 なんか、細ーいバネがビヨヨ〜ンて、なっとるなぁ

 しばし、眺めるわたし。

 ちっちゃい部品もバラバラと散らばっとるなぁ。

 微動だにせず、(自分によって)壊されたペンを眺めていたわたくしですが、やおら動き出し、意味不明の緑の板の上に、適当に散らばった部品を置いてペン先側の筒に戻してみました。
ら、もちろん、治りませんでした。というか、元の鞘にすら、収まりませんでした。恐るべし、適当。遅ればせながら説明書を読むと、ペン先をクルクルして外せば良い、とか。シャープペンシル気分でいじってしまって、まだ寿命あったのに、ごめんねペンタブのペン。今までありがとう。安らかに。




 TOP画像は「ウインド・リバー」
苦手な場面があって、上質な映画だったのだけど、2度と観たくない映画です。つくづくアメリカて、自由の国と言われているけれど、差別が酷いな、と考える1本。

「告白小説、その結末」  怖い映画でした。”結末”の小説は、どちらが書いたモノなのか?!

「カメラを止めるな!」  超話題作。2回観ちゃった。グッズとか、一切欲しいと思わないわたくしに、Tーシャツ欲しい。かも・・・。と思わせる1本。上田監督は滋賀県出身。滋賀県、キテますね。次はありんこ天国かな!・・・出身は、滋賀ではないのですけれどね。

「ゆれる人魚」  ポーランドのホラー映画。ホラーは苦手なのですが、色の美しさに目は釘付け。人間になる手術の雑さ加減がなかなかでした。

 そっかぁ。4本かぁ。
観のがした映画も数本。どうやったら、観たい映画を全て観て、読みたい本を全て読むコトが出来るのでしょう。そして、思いつく全てを作ることが出来るのでしょう。

 映画イラストや食べたものイラスト等は、インスタグラムにていち早くアップしております。




 明日、七夕7月7日と8日は、Hand Made In Japan Fes 2018 @東京ビッグサイト に下界いたします。ブースナンバーはE-80。
で、本日、久しぶりに飛行機でトーキョー入りする予定でした。

 で、し、たっ

 雨で、最寄りJRが運休。鉄道がJRしかなく、京都まで出られない。振替輸送もなく。飛行機飛んでるのに、空港まで行けない。琵琶湖線のバカ。
いえ、安全大事です。もちろん。好きな飛行機に乗れなくて本当に残念だけど、仕方ないです。いっそのこと、飛行機も運休してくれれば飛行機代は返ってくるのだけどなぁ・・・仕方ないです。



 「仕方ない」と2度も書きつつ。
 早めに行って伊丹空港のNORTHSHORE CAFE&DININGで、モーニング食べようと思っていたんだけどな。
トーキョーに着いたら、東京国立博物館で縄文展を観ようと思っていたんだけどな。
「展覧会のみどころ」に載っている画像を観るだに、本当に悔しい。悔しすぎる。 帰りは月曜日。博物館は休館。せめて、せめて帰りは飛行機に乗れますように。

 琵琶湖線は多分、本日運行しないのではなかろうか?
夕方、帰宅する家人に車で京都駅まで送って貰って新幹線で行くか、明日の始発にするか。どうなるかしらん?
HMJ 2018 、オープンから通常で下界できるコトを、切にお祈りします。
状況は、instagramでお知らせします。
ちゃんと下界できていたら、どうか、どうか、住人たちに会いにいらしてください。
いえ、どうとしても、下界いたします。きっと。多分。だからお願い。会いに来てくださーーーーい!

 ところで飛行機の絵、記憶で描いて後に画像見たら、羽のエンジンとかね、ないわね〜。飛べないわね〜。




 電車に乗っていると、膝の辺りが紐で繋がれたデニムパンツを履いている、多分大学生が、おりました。
わたしはわたしに言いました。(以下W-A)
「あのパンツ、歩きにくいやろ!」
すると、わたしが答えました。(以下W-B)
「あーーでも、あれくらいの長さがあれば歩きにくいホドではないんちゃう?」
W-A「にしても、何かを思い出すなぁ。」
W-B「何かなぁ?」
W-A「何かなぁ?」

しばしの沈黙

W-A「あ!囚人服や」
W-B「移送のトキとかやな。逃げにくいようにな。足、紐で繋げとくねんな。アメドラとかで観たわ。」
W-A「羊たちの沈黙、思い出すなぁ」
W-B「拘束服な!アレはなんか恐ろしいな。噛みつかれへんように、仮面まで付けてさぁ。」
W-A「・・・あの、多分大学生がはいてるデニムパンツのデザインは、拘束服リスペクトなんかな。」
W-B「・・・どちらかと言えば、囚人服やろ。」
W-A「そっか。」
W-B「そやで。」

 そんな脳内会話を誘発した、モードなデニムパンツでした。

 さて。 明後日七夕7月7日。と、翌8日は、HMJ2018に下界致します。久々のトーキョーです。そりゃ、そりゃぁわたくしは、お客さまのお顔もお名前も全く覚えられないボケですよ。けれど、会いにいらしてください。
住人一同、お待ちしております。
 そうそう、メルマガでお知らせしましたが、合言葉「ありんこ帝国ではありません。ありんこ天国です」を仰ってくださったお客さま先着1名様に、プレゼント差し上げます。そのまま、わたくしのお持ち帰りにならないコトを、祈ります。




(画像と文章は関係ありません。ブルーオリオンという名前のめちゃめちゃ可愛い紫陽花です。・・・めちゃめちゃ可愛いです。)

「逃亡医/仙川 環」
「計画結婚/白河 三兎」
「209号室には知らない子供がいる/櫛木 理宇」
「断裂回廊/逢坂 剛」
「真夜中のマーチ/奥田 英朗」
「利休にたずねよ/山本 兼一」
「浮遊霊ブラジル/津本 記久子」
「暗幕のゲルニカ/原田 マハ」
「町長選挙/奥田 英朗」
「罪の声/塩田 武士」
「台所のオーケストラ/高峰 秀子」

 怖かったのは「209号室には知らない子供がいる」
 instagram等でもちらっと書きましたが「暗幕のゲルニカ」は、9.11とスペイン内戦の物語を行ったり来たりして、読みながら涙が溢れまくって困りました。恋人の死を仕返しに利用されたくない、という気持ち。本当に、尊い。わたくしもそうありたいです。そして、トルティージャサンド食べたい。
 わたくしが落ちる地獄は、物語消費しすぎ地獄だろうなぁ、と「浮遊霊ブラジル」
 「罪の声」は期待が大きく気持ちがはやってしまい、味わわない読み方をしてしまいました。時間をおいてもう一度、読みます。

 で、「台所のオーケストラ」。
 女優・高峰秀子の料理エッセイ本です。上記の本は全て図書館で借りたのですが、この本は購入します。高峰さんの映画は申し訳ない、1本も観ていませんが、女優でお料理も出来て。素敵。そしその文章の、大変なキュートさと言ったら。何個か気に入ったフレーズを。

 「いつになったらホンマモンの男女同権になるのかしら?」
 「残念しちゃった。」
 「ふンだくられちゃうんですからビックラ仰天です。」
 「白より赤が好きなんやからしょうむないやろうが。」

 と、書き出してみたけれどやはり文章の中で読まないと伝わらないですね。カタカナの使い方や、差し込まれる話し言葉がリズミカル。白ワイン、ではなく、白ブドウ酒と表記されていたり。お伽話感が出ますよね。飲んだら魔法が使えそうです。オリーブオイル、ではなく、オリーヴオイル。なぜかジューシーさが増す気がします。て、液体だから増すもなにも、ジュースやないけ、ですが。舶来感も増し増し。

 そして親しくお付き合いしている人が、レオナール・フジタ、梅原龍三郎、谷崎潤一郎て!それこそもう、お伽話の登場人物のような人々です。

 文章のキュートさからも滲み出ているように、載っているレシピは、なんというか快活。難しくなく、文章だけなのに、ーーそう、料理エッセイ本なのに写真は1枚もないンですーーとっても美味しそうです。分量も書いていないし、「あなたの舌で調節してね」と言われているような。わたくしのバカ舌でも大丈夫かしら?作った料理を並べて、高峰さんの映画を観たいな。快活なの、あるかしら?




 この1ヶ月半程、映画を観まくっています。もともと映画好きなのですが、無料のBSチャンネルD-Lifeという、海外ドラマをたくさん放映するチャンネルを知ってからは映画館から遠ざかっていました。家に居ながらにして無料で楽しめる海外ドラマ、レベル高いですから。それが何故、また映画館に戻ってきたのか。謎。

 謎ながら、観た映画をヒトコト付きで列挙してみましょう。

 ・ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男
ドキュメンタリーは寝ちゃうんだよな、分かっていながらドリス・ヴァン・ノッテン。観ない訳には行きません。寝ました。
 ・アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル
お母さん、強烈。スポーツの世界て、親が強烈なコトがままありますよね。
 ・モリーズ・ゲーム
そして、スポーツ選手て、頭が良いですよね。
 ・犬ヶ島
好き。
 ・フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法
最後がグッときました。管理人さんの声が良いです。
 ・ゲティ家の身代金
ある、酷い場面で髪型が2ブロック(←オシャレ)になっちゃう場面に不謹慎ながら微笑む。お金持ちのお年寄りの悲哀を感じました。
 ・レディ・バード
イタ可愛い。2番目の彼氏のハートの強さ。親とちゃんとぶつかれるコトへの羨ましさも感じました。
 ・ザ・スクエア 思いやりの聖域
ブラック。説教臭く感じました。
 ・君の名前で僕を呼んで
超笑えるシーンがあったのだけれど、誰も笑わず。家族との繋がりが濃厚でびっくり。恋は切ないです。
 ・ファントム・スレッド
男女の変態映画。昔のメゾンの様子も含め、美しいです。
 ・バーフバリ 伝説誕生バーフバリ 王の凱旋 完全版
評判を裏切らない面白さ。あらゆるありえなさが素敵でした。
 ・モリのいる場所
モリこと熊谷守一が好きなのです。「生きるのが好きなんだ」というセリフに羨望。でも、描くのはあまり好きじゃなかったのかな?と思わせるセリフにニンマリ。

 我ながら良く観ましたね。1日3本観る日もありました。
数本、感想スケッチを描いたのですが、あまりにヒドい出来。しかし、そんな恥部をさらけ出すのを厭わない。それが上原亜理です。ということで、ゲティ家の身代金の感想スケッチをアップしてみました♡
 この先も観たい映画が目白押しです。




 昨日、お庭のドクダミとの2ショットをアップした小鼻ちゃん。
ウチのお庭はお花が咲き誇り中。なので、いろんなお花達と撮ってみました。
TOP画像はミニバラ。

 続いて銀杯草(ぎんぱいそう)


 紫陽花はまだかな。ツブツブがびっしりだな。


 と、思いきや。
違う場所の紫陽花は咲いています。


 今年もホタルブクロはお帽子に。


 お花も良いけど団子もね!ジャケ買いしたバタークッキー。


 ほな、5月23日(水)〜29日(火)の1週間は、京都タカシマヤ4階 西エスカレーター下り側前特設ステージにて、ありんこ天国キラキラとお待ちしております。お越しくださいませ。




*本文と画像は関係ありません。庭に咲くドクダミと、我らが小鼻ぶらりんです。ラブリー*

 ブログ、お久しぶりです。
instagramではちょこっと写真アップしていたのですが暫く「発信」というものをしたくなかったもので。数ヶ月に1度、そういう期間が訪れるのです。

 まずは、働き蟻さんへのご応募ありがとうございます!
決定された皆さま、一緒にありんこ天国を拡散してゆきましょうね。
5月23日(水)から29日(火)の1週間は、京都タカシマヤ4階 西エスカレーター下り側前に下界致します。

 ところでちょっと前、世間では連休でした。わたくし的にはいつもより、ゆっくりしているけど仕事の日々。仕事するけど、大いにさぼる日々。そして、ファスティングしていました。断食です。ほぼ酵素ドリンクのみで過ごします。人生3度目のファスティング。過去2回は3日間断食でしたが今回は5日間に挑戦。
1日目 眠くて眠くて
2日目 かる〜く頭痛
3日目 おならがすごく出る
 以上が感じた変化。過去2回は、ファスティングでよく言われる好転反応の頭痛もなかったので、2日目の、取るに足らないくらいの頭痛に、
「これが、好転反応のかいうヤツ?」とほんの少し、テンション上がりました。あと、過去2回では特に湧かなかった食べることへの欲求が、今回はかなり頻繁に感じましたね。固形物が食べたいーーー、噛みたいーーー、と。

 5日間のファスティングと同じく5日間の回復食期間を終え、特に体重が減ることもなく、特にスッキリすることもなく。これは、過去2回と一緒。一応、身体の毒素を出す、という目的でやっているものの、出ているんだかどうだか。

 そうそう。
 ファスティングとは正反対の話ですが、エシレバターご飯ですよ。なぜ突如、エシレバターご飯?と思ったヒトはコチラをご覧ください。やりました。ファスティングの準備期間前に。
しかしやはり、というべきか、美味しいのだけれどそこまでの感動は得られませんでした。そのせいか、バターの興味はご飯以外に向いています。小説「BUTTER」では最後、七面鳥の丸焼きを作るのですが、わたくしは、チキンキエフを食べたいです。作り方をクックパッドで調べました。いや、作る前にお店で食べてみたほうが良いでしょうか。とにかく、ヒトに作って貰ったものでも自ら作ったものでも、チキンキエフと出会ったら、感想をお知らせしましょう。
 と。
 来週の火曜日の「マツコの部屋」。特集がバターらしいです。搬入日なのでリアルタイムでは観られないので、録画セットしました。ウフフ、楽しみです。




※只今、働き蟻さん募集中。販売働き蟻さんは20日までとしておりましたが、4月30日まで募集続けます。只今決定している販売働き蟻さんが、最初の条件であった週3日以上の勤務という条件を満たしていないのでそれなら、とその部分をフレキシブルにしております。詳しくは こちら をご覧ください※ 

 では、本題です。

 エシレバター。50gで450円+税(@成城石井)のバター。バターに特にこだわりはなく、常備しているのは見慣れたバター色のパッケージ。日本の、正しいバター感溢れる「雪印バター」。そのわたしが、この前はカルピスバター、そして昨日はエシレバターを買ってみた。

 なぜか。

 バター醤油ご飯をする為である。

 なぜ、バター醤油ご飯なのか。

 柚月 麻子の小説「バター」を読んだからである。

 中に、エシレバターで作るバター醤油ご飯がどんなに素晴らしいかという描写があり、読んでいる側から、
「きっと、エシレバターでバター醤油ご飯を作ろう。」と思っていたのである。小説の中、バター醤油ご飯を勧められた主人公・里佳が夜、ソレをやってみる描写がまた、美味しそうで堪らん。が、近所のスーパーにエシレバターは取り扱いがなく、あったのはカルピスバター。カルピスバターも高級バターである。小説の中にも出てきた。買ってみた。開けてみた。白い。見慣れた、雪印バターの色とは全然違う。ひとかけ、食べてみた。あっさり。淡白。この世に、そんなバターがあったんだ。バター醤油ご飯をしてみた。

 バターを小さい四角にカット
 ひとさじ掬ったご飯にバターをひとかけ、乗せる
 お醤油を1滴、垂らす
 バターが溶けないうちにお口に運ぶ
 冷たいバターを噛み、暖かい米粒に行きつく
 バターが溶け、混ざるバター・醤油・ご飯
 美味しい

 けれど、小説程の感動はない。わたくしの味覚のせいかもしれないし、カルピスバターのせいかもしれない。カルピスバターをディスっているのではない。それぞれのバターに合う料理方法がある。バター醤油ご飯には、カルピスよりエシレ、なのかもしれない。それに、わたくし期待するとその期待ははち切れんばかりに肥大してしまい、いつも、現実が追いつかないという現象がある。
 もっとフラットに。
 いやいや、小説でもバター醤油ご飯を恍惚と語るカジマナを目にしながら、食べたバター醤油ご飯に対する里佳の感覚は輝きに溢れていた。だから、期待がはち切れんばかりでも良い。ただただ、わたくしの味蕾が枯れていなければ、あるいは、合いさえすれば、それくらいの感動があるに違いないのだ。

 あ、あと、ご飯が白ご飯でなくて雑穀ご飯だったのも、関係あるのかも。

 と、いうことでエシレバター醤油ご飯は、白いご飯でやってみる。感想はまた後日。

 ところで、写真を撮るときに、庭に咲いていた白いオダマキを添えてみた。なんとなく、オダマキの花言葉を調べたらなんと「愚か」。可哀想すぎやしないか。ただ、色ごとにも花言葉があって、白は「あの方が気がかり」だとか。今、撮影を終えたオダマキはPCの横に飾っているが、白い顔を下に傾けそっと、愚かなわたくしを気遣ってくれているような気がしてならない。ありがとうね、オダマキ。




 昨日の記事で、首が回らない上がらない、という話をしました。

   その後、思ったより腕は上がり服を脱げ無事、お風呂に入ることができました。
 問題はその次にありました。そう、寝る。お布団に入って、寝る。寝転ぶときにあんなに、首肩の筋肉を使っていたとは。

 最初から、仰向けに寝るのは諦めていました。いつぞや知り合った、60代とは思えないとてつもなく美しい一般女性が、
「子供の頃から父に、寝るときは仰向けに寝るように言われてたの。横向けに寝るとそちら側にシワができてしまうから、て。」と仰るのを聞いてから、少なくとも寝入りは必ず仰向けに寝ているわたくし。ですが、シワがどうとか言ってられません。まずは、痛い右側を下にして横になろうと試みました。
 が、
 「ムリムリムリムリ」と思わず声が出てしまいました。枕までの距離は彼方。体勢を整え、今度は左側を下にして挑戦。
 近い!大分、枕に近い!でも届かない。これ以上上半身を平らに持っていけない。

 ところでわたくし、枕は存在している意味があるのか?というくらい、ペチャンコのものを愛用しています。ホテルで寝るときは、枕がふっかふかなので、どかして寝ます。しかし昨夜はそのペチャンコではとても届きません。2つに折ってみましたがそもそもの厚さがないので、なんの足しにもなりません。そこで、撮影用に購入してベッドに置いていたクッションを置いてみました。ふっかふかです。厚さたっぷりです。頭、預けることができました。


 鈍痛は続いていましたが、今まで生きてきて寝られなかったのはたった2回という超寝入り快調なわたくし。朝までぐっすり寝ることができました。

 そして、朝。ゆっくり寝てやろう、と意気込み目覚ましは7時にセットしていました。
 目覚めると、大丈夫な気が。体を起こすときも、そんなに首、痛くない。
 おっし!
 と思ったのもつかの間。時間が経つごとに右首根っこの痛みが深掘りされていきます。その痛みを支えるためか、右の鎖骨辺りにも痛みが。ダメだ。昨日より酷くなっているようです。骨に異常をきたしている危険性も考え、整形外科に行くことにしました。

 徒歩で15分ほどでしたか。
 歩く振動で、両肩甲骨と背骨下にも痛みが広がる広がる。
広がる痛みが左下の図になるわけですが、まるでパンダかムンクの叫びのようです。気持ちはもちろん、叫びです。

 病院ではまず、先生とお話して腕と頭と膝と足先を軽くいじられました。
「ちょっとくすぐったいですよ」と足の裏を棒で撫でられ、我慢できず「えへへ」と笑うと、先生もなぜか「えへへ」と笑いました。笑いは伝染するのですね。素敵です。
 その後レントゲンを4枚撮り、首根っこに電気をどうにかされ、再び先生と対峙。
幸い骨に異常はなく、伸びをしたときに胸鎖乳突筋を伸ばしてしまったのだろう、日にち薬ですね、とのことでした。「今月終わっても痛みが続いたらまた、来てください。」と言われて思わず、
「今月一杯は持続するんですか?」と慄くわたくし。こともなげに、
「そうですね、多分。でもあなた、痛みに強そうだから。」痛みにつおい?どこからそんな言葉が出てくるのだ?顔か?この男顔がそう言わせるのか?と思ったのですが先生、わたくしの過去カルテをご覧になったのかも。
 というのも、数年前、スノボで雪面というか氷と化した地面にお尻を強打したのです。とってつもなく痛かったのですが、痛い痛いと言いながら、泊まりで行っていたので次の日も果敢に、しかし屁っ放り腰で滑ったのです。
 それから1週間。消えない痛み。さすがにおかしい、と本日と同じ病院に赴いたのです。結果、尾てい骨(以下、ビテコ)にヒビが入っていることが発覚。そのとき先生に、
「よく1週間我慢しましたね。」と言われたのでした。ビテコがヒビ入るとか骨折するとか思ってなかったわたくしはひたすら打ち身だと思っていました。ビテコは位置が位置だけにコルセットができず、自然治癒を待つのみだそうです。診察後、湿布を処方されたのですが、それまで我慢できたのだから今更、湿布なんかせんでもええわ、と結局1枚も使いませんでした。そのエピソードは先生、ご存知ないにしても、1週間我慢していたコトで、痛みに強い、という論が導かれたのでしょう。今日は、鎮痛剤や胃腸薬の4種類の飲み薬とフェルビナクテープを貰ってというか買って、帰ってきました。

 今回は全て使います。家に帰り着いて取り敢えずテープを貼ったのですがそれは何の変化も感じられず。昼食後に3種類の薬を飲みました。
 あれ?4種類じゃないの?
 鋭いですね。処方されたのは4種類なのですが1種類、飲むと眠くなるかもしれないから昼間仕事するときは飲まない方がいい、と注意されたお薬があったのです。飲む前から眠たかったので、飲みませでした。

 いやぁ、鎮痛剤の効果て、凄いですね。完全に痛みがなくなった訳ではないのですが、随分楽です。ノルディック複合の渡部選手も、骨折していたのに痛み止め飲んであんなコトしていたとか。筋が伸びたくらいの痛み、鎮痛剤はおちゃのこさいさいなのでしょうね。でも、怖いよね。治っているのではないから。単に、遮断されてるだけだから。本当は相変わらず痛いのだから。でも取り敢えず、処方された4日分は飲んでしまうような気がします。痛いのも恐怖。痛みを感じないのも恐怖。
ただ今夜、どんな体勢で寝ることができるのか、楽しみです。